2005年08月06日

原爆の日

「過ちはくりかえしませんから」

の主語は「日本」でも「アメリカ」でもなく

「我々人類は」であるべきと思う。

***

それにしても

なにげなく合い言葉のように唱えていた

「核のない平和な世界を」

というスローガンの空虚さにいまさら気付く。


核のない世界が実現可能かどうかはともかく、

核をなくせば平和がくる、と言わんばかりのこの言葉に

どれほどの実感を持てるというのか。

これだけははっきりしている。

「核がなくなっても平和にはならない」

むしろ抑止力を失った世界では抗争はますます激化し、

また別の大量破壊兵器の開発に拍車がかかるだけ。

そんなことはみなが承知している。

悲しいことに人間とは同類同士で殺しあいができる生き物なのだ。

より優位な環境での種の保存を運命付けられて

他者との淘汰に勝ち抜く為の好戦的資質を

あらかじめ遺伝子に組み込まれてでもいるのだろうか。

太古からたった今この時まで

世界のどこかで休みなく繰りかえされる殺戮の歴史をまのあたりにして

「進歩や学習」などと言うものは「思想や本能」にあっけなく駆逐されることを

イヤというほど思い知らされた私達だ。

そう思うと、このさき未来永劫

「地球上のすべてが平和」な世界などありえない気さえしてくる。

そう。

きれいごとで「核廃絶=平和」を唱えることは思考停止にも似る。

むしろ自国の安全のみを保つあやういバランスを『核』に頼っているのが現実だ。
※隊長さんのコメントに同意8/19加筆修正

それでも、たとえどんな矛盾を生むとしても、

この世から無くさなければならないのがまた『核』なのだ。

成熟しきっていない人類程度の叡智では扱いきれない悪魔の持ち物を

間違って持ってしまっただけなのだ。

その恐ろしい真の姿はアメリカの一般人には知らされていない。

情報統制は、なにも共産圏だけではないのだ。


それを一番知ってるのは広島と長崎だから、

ハリウッド映画で「広島型の何倍」とか、ただの破壊力の基準にされている

かっこうの実験の地となった広島と長崎であっても

被害者としてではなく、

スポークスマンの義務があるから、

好むと好まざるとにかかわらず

やっぱり毎年言いつづけるのだ。


だから「平和のため」とか、

「どっちが被害者か加害者か」とかの問題を

『核廃絶』の議論に持ち込むのは現時点では意味がない。

むしろ論点をブレさせる障害だ。

まったくの別次元で、ただ地球人として、

『核』の存在自体を許してはならない!

と世界中の人が確信することこそが今必要なのだ。

***

宇宙人の視点をもって俯瞰から見れば、

自らの星を放射能で汚染し痛めつけ、天につばする生物は

さぞ不思議に見えることだろう。
posted by みんと at 06:18| Comment(5) | TrackBack(2) | 華麗なる日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

ナカータがやってきたヤァヤァヤァ!

グラサンヒデ
写真と記事:サンスポ

今年のファッション・テーマは白。
バーチャルメガネちっくな白デカサングラスがポイントです。
※決してレイザ−ラモンを意識したわけではありません。

平和公園で献花のときもずっとグラサン外さないのでドキドキでしたが
強烈な日射しから大事な目を守るサッカー選手としてのセルフケアです。
※決して殊勝な気持ちが無いわけではありません。


今回のフィオレンティーナ選手達の申し出、
ラテンな彼らの平和への関心の高さに正直おどろいた。
外国の選手達が「ヒロシマ」に来る意義を自ら体現してくれるのは嬉しい。
平和祈念館で受けた衝撃を母国に持って帰って後々までみんなに伝達還元ヨロ。


***

サンフレッチェ広島0ー1フィオレンティーナ


いや〜、ビオラ対決ですよ、お祭りですよ!
ビッグアーチ前の坂道では見慣れないダフ屋のおじさんたちが
「ケンモッテル〜?」
「ヤスクナッテルヨォ〜」
と祭りの片棒かついでるもんで、ますます気分は盛り上がってきます。
〜って、ダンピングかいっ。やはり売れ行きはよくなかっ・・・_| ̄|○

人混みの中、ツレとの合流に手間取ったものの、なんとか空席におちつき。
芝の状態はそれでも先週よりはマシになったかな。

21,421人かぁ。やっぱ思ったより少ないね。
でもとりあえずメインが人で埋まってる図、というのは目にやさしいです。
満杯風のビッグアーチでやれて若い選手たちも嬉しかったじゃないかな。




大型スクリーン
でもアウェイゴール裏はやっぱりこんなです。


世界のナカータ、デンマーク代表ヨルゲンセン、etc.欧州各国代表・・・
めったにお目にかかれないスター達やからね、
サンフのみんなもプレイにかこつけてしっかり触っておけよー。
御利益御利益。

ヒデは7番

ヒデは今季から代表と同じ7番になりました。


ヒデ&ヨルゲンセン

※ナカータとヨルゲンセンは体格も風貌も似てて(頭蓋骨とかギリとか)
遠目のピッチではまぎらわしいのだ。
ちなみにまん中はじつはヨルゲンセン。左でボール見てるのがナカータ。

***

じつは試合から帰ってすぐにMIXIに書いた感想は
わりとテンション低めだったですよ。

なんせシュートの精度のなさではサンフに負けず劣らずだしトホホ。
パスワークや華麗なドリブルで会場を湧かせるシーンもあまりなし。
かつての名門とはいえ、メンバ大幅入れ替え直後の急造チームだけに
コンビネーションとか、ビルドアップは今からなんですね。

なんせセリエA見てないので名前もはじめて聞くような状態で。
マッチデープログラムでもあれば顔写真を眺めつつワイワイやれるんだけど
そこは主催が違うもんで1册1000円ときた。来プレも当然なしだ。
気がつきゃ手元には記念になるものが何も残ってないぞ。おーまいがっ。
やっぱ記念マフラー買うべきだったかなー。

最後に花火でもドーンと揚げてくれれば祭りの満足度も違ってただろうにねー。
又は興業座長のナカータが試合後にみんなとトラック一周してくれるとかさ。
途中交替で引っ込んだらそれっきりなのがあたりまえなんだけど、
ちとさびしかぁ〜。

やっぱ海外シロートやからね。
「親善マッチ」に過度な派手さを期待しすぎてたんですわー。


そんなこんなで家に帰ってから深夜の録画中継であらためて反芻してみたら、
「そうか、けっこう面白かったよなー」
とあっさり思いなおすあたり、いたく単純。

やっぱアレですな。

イタリアの面々はアップで見てなんぼ

ってことでしょうか。



にしてもテレビ中継。
ナカータばっか追っかけるカメラワークやら
ナカータばっか誉めまくりの解説やらで
まるでナカータ中心のチームにちゃんとなってるみたく演出されてる。
これがテレビノチカラか!!おそるべしっ。

たしかに前半のヨルゼンセンへのキラーパスはすばらしかったけど、
あとは消えてる時間が多かったのよナカータ。
まあケガで本調子ではないことを思えば、さすがの動きではありました。


待てよ。この膠着状態は・・・拮抗していいところを消しあってた、
つまりサンフがフィオと同等以上にがんばってた、ってことか。

今日のみんなは顔からして違ってたもんね。すごい入れ込みよう。
あきらかに「親善試合」のモチベーションではなかったよ。
特にコウタさんとベットは現地で見ててもキレキレでした。
ヒサトの熱さはいつもどおりだったけどね。
あの白デカ軍団の中ではチョコマカ倍増だったけど全然負けてなかった。

あと、みんとはん的にはハギーの成長と躍進が一番うれしかった!
ガウボン横パスに反応した素早いシュートは美しかったね!
フィオGKの神セーブがなければ絶対スカウトきてるよ。
海外チーム相手にも堂々たるパフォーマンス!頼もしいにゃー。
やっぱスケール大きいよね。もーうるうるですよ!

あと、西河くんもよかった!!この2人はこの試合の大きな収穫ですね。

みんなー、早く育って駒を超えてくれーー。

ところで、
バックスタンドにいつも陣取ってるおっさんオーディエンスがいるですけど、
この方、なぜか吉弘や森脇ら若者にはめっちゃ厳しいダメ出しするんですよ。
この日もヤジって吉弘の交替を勝手に指図してた(笑)
したら今日はホントに前半で替えられちゃったよ、びっくりだ。
まああのパフォーマンスならしかたないんだけど。
ドンマイ!吉弘。これからもっともっと精進しるだよ。

あと、茂原・・・どうした。またもとに戻っちゃったのかい(泣)
白い大きな人達に囲まれるとヘビに睨まれたカエル状態でした。
たのむよ〜ぉ。ヘナチョコ回帰はこの日だけにしておくんなましよ。


後半22分に登場のブルガリア代表ボジノフくん19才。
こちらで天才って紹介されてたのはコヤツのことですな要注目。
デビューは15才だって。なんかデカイ。体型はロナウドちっくだ。
でも出場時間少なくて。できればもっと見たかったですね。


あーあ。終了間際にこらえしょうがないのがサンフの悪しき癖。
再三突破されてたファンティーニにクロス入れられて最後はヨルゲンセン。
とにかく攻守の切り替えからカウンターまでが速い!!
このへんの技はぜったい盗んで見習おうよサンフ。
ハギーとモギーならうまくいきそうだ。



ユニ交換なんて久々に生で見たなー。
フィオの面々はとにかく陽気で気のイイやつらでしたわ。

パンツ

試合終わってからサンフ側にも挨拶にきてくれて
パンツ脱ぎパフォーマンスでファンサービスしてくれたり。
いや、きっとあっちでは暑いとみんな平気でこうなのね。
ナカータが練習着をレイザ−ラモンパンツにするのも頷けた。
テレビではさすがにこのあたりまでは映ってなかった残念!


ジニ半裸

ジニ様もサービスカット。
パッツィ−ニとジニ様は美し組同士、ちょっと雰囲気が似てた。

***

んで、翌日は日本代表×北朝鮮戦。

負けたねー。あっけなく。
テレ朝アナの「アクシデント」呼ばわりには失笑。
別に普通に失点しただけですやん。
気の抜けたミス突かれてゴールされただけですやん。

気概が北朝鮮のほうがぜんぜん上だったからしょうがない。
泣きそうなサルみたいなジーコ見たのはコンフェデ以来か。

さあ駒ちゃんをどうするジーコ。
これで試合中に試す余裕がなくなったと考えるのか、
むしろ新機軸で停滞ムードの打開を、と考えるのか・・・
だって巻は良かったものね。代表の新しい可能性を感じさせてたよね。

サイドバック左右どっちでもいつ入ってもピッタリフィット!
ユーティリティーなのが駒野の持ち味。(ということにしておこう)

テレビの端から端まで目を皿のようにして駒の姿を探しまくり、
代表17番のビブスを練習ピッチに見つけたわずかな瞬間、
ひぃーーーっ♪とあやうく卒倒しかけたのは私だけではないはずだ。

なんとなく…なんとなくだが
次の中国戦あたり、ジーコは駒ちゃん出してきそうなヨッカーン。

***

※2〜3日PCない環境にいます
posted by みんと at 09:26| Comment(2) | TrackBack(1) | 日々是サンフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

駒駒駒きたーーー!

日本代表追加召集!!


すっごいなーーー。いやなにがって、シミュレーションの効果ですよ!
↓前のエントリで寿人ゴールがみごと現実になったことに味をしめて

やったーー!駒ちゃんがW杯代表に!!

ってシミュったら、速効きましたよぉ〜WWW 
これを神通力と言わずしてなんという!
シミュレーション呪術、おそるべし〜〜!!


てなわけで、当然もうひとシミュレーションをば。


駒ちゃん先発で大活躍!!
絶妙アシストで巻ゴールを演出!!



これでおっけー。
ふひひっ


***


思えば昔はただのオニギリみたいだったコマちゃん・・・

コマちゃん
むか〜し描いた絵


ロイ・キーンは来なかったけど
ロビー・キーンと島根で競りあった日韓W杯の頃はまだパシリ・・・

駒ビク
2002年に描いた絵


去年、新潟のチャリティー試合に呼ばれて活躍したかと思えば
今年はついに!ついに日本代表・・・うるうる


日本代表・駒野友一


長かったようで短くもあり・・・



でも確実に進化を遂げているぞ駒野友一!

駒野友一の進化


さぁ、ベッカムまでもうすぐ ・・・だはは (:D)| ̄|_


***

ただ、フィオレンティーナとナカータと、一戦交えさせてあげたかった。
広島の選手にとってはめったにない貴重な経験だもの。そのへん複雑だよね。
代表に連れてかれたはいいが出番なし、ってのだけはカンベンしてくだしあ。
posted by みんと at 06:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々是サンフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

広島3ー0東京V3ー0レアル(ヨンフレパクリ)

てことは広島6ー0レアル(?)

考えることはみんな同じだ。(笑)


てことでメイン貴族席から見た「激夏人文字」画像がこちらに!!

あ〜、ジニ様の誕生日を勝利で祝えてよかったぁ!
ホントは「後半もっと・・」てのはあるけど、ここは完封に敬意!


そしてそして


ヒサトがやりましたーーー!!
長いこと一等地リンクしてくれてたこちらさまも
喜んでくれてるにちがいない




って↓前のエントリで仮想シミュレーションした途端、
ホントにそのとおりになりましたよ♪


よおし、この調子で・・・


やったーー!駒ちゃんがW杯代表に!!

とか言ってみる。※シミュレーション




駒ヘアカタログ2002

だはははっ 
2002W杯のとき描いた駒ちゃんヘアカタログ。いま見て爆笑。
なつかしいなー。
めちゃくちゃな絵だけど、当時の楽しさが思い出されます。
(どれが誰の髪型かわかるよね?笑)

とりあえあず、今日は


駒ちゃん24才の誕生日おめでとーー!!


2006年は25才だね。2010年でも29才かっ。全然大丈夫じゃん。
そうか。そうか・・・。


***

<ここでささやかなお願い>

いつも「わくみん」に御来訪ありがとうございます。
「空似アワー!」カテゴリでブックマークしてくださってるみなさま、
もしよろしければトップページにリンクして頂けますと

http://wakumin.seesaa.net/

その他のエントリも見て頂けるので嬉しいデス〜どぞどぞヨロシク。
posted by みんと at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 空似アワー! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

浦和2ー0広島

ええ、

たしかに浦和さんにはもっこりやられました…
(敢えて釣り男のことをひとことも書いてない記事セレクト)

シモさまはあんなに大忙しなのに
ニャンコ都築はんはひとりヒマそうだったもの

都築&ネコ
都築龍太(浦和GK)&ワル猫(ご主人に言いたいことあるなら言っちまいな)
                

一方的すぎてグウの音もでないよパー。
個々のスキルの差を思い知らされたぁーーー。

なまけてとかじゃなくて、
あの燃えたぎる「赤のるつぼ」の中でみんな必死でやってて、

ちょっとはいいとこもあって、
それでこの結果だからよけいに切ない。

小野ちんの采配どうこう言ってもしかたない
それほどの浦和の圧倒的な強さ。




ギドめ


<勝手にネタ元> BooHoo!さま(祝!復活!!)
ギド&イアンソープ
ブッフバルト(浦和監督)&イアン・ソープ(水泳選手)

水泳のソープってギドに似てません?
ソープが50歳くらいになったらギドになるんじゃないかしらって。
ギドの若い頃の写真はなんかクリクリパーマなのであまりソープに見えないんですが、
ソープの笑顔はギドに見える…。by mao さん


うん笑顔似てるーー!


じつはcat's-ear blog のkumasaさんに教えて頂いて
はじめて「BooHoo!」さん復活を知りました♪嬉しいなー。
で、旧サイトの保存してたのをまた勝手に引用(いつもすんません)



ところでソープといえば世界水泳の季節ですね。毎朝見てます。
シンクロ・コンビネーションで日本のあとにやったスペインチーム、
テーマが『クイーン』ですよ!
ドンドン、パッ ドンドン、パッ ではじまり、
I was born to love you 〜で締めですよ!
「自分達の好みで選曲したから終盤の疲れも吹っ飛ばして頑張れます」
みたいなことを解説の方が。素敵だ。






ギドめ


<勝手にネタ元> Q*PA*Lさま 11/20記事より
ギド&くりぃむ上田
ブッフバルト(浦和監督)&くりぃむしちゅー上田(お笑いタレント)

ギドってくりぃむの上田になんか似てるよ!by ちばる さん


そうそう、なんかモコモコな輪郭とか。
しかしギドさん、こう見えてけっこう眼光するどくて…
似てる写真こんなんしかなかったー。荒くてすまそ。





ギドめー・・・

ギド&アブラモビッチ
ブッフバルト(浦和監督)&アブラモビッチ(チェルシー/オーナー)

やっぱり笑顔が。なんとなくですけど。




しかしなー

なにもよりによってジーコの目の前で

完敗・・・


♪ かーんーぱぁ〜〜〜い、いま コーマーは ジーコさーんの 

♪ おーおーきなー おーおーきなー ぶーたーいーに〜た…



立てなぁぁーーーいいぃっ・・・_| ̄|○




いやまあね…残念だが今回は致し方なしだよ納得だよ。
よかったねータナタツ!
今ちゃんもねー。(本人にとってもサプライズ?)

そしてそして
駒のぶんもがんばってくれ、阿部ちゃぁーーん。
って、勝手に希望を託されても困るだろうけどさ。


<投稿> くうねるあるび トトオさま
阿部勇樹&松田洋治
阿部勇樹(千葉MF)&松田洋治(俳優)

トトオさんからきいたときは意外だったけど
並べてみたら超似てましたー。



※私信>まーちゃん さま。キューちゃんネタしばし検証中です


てことで代表戦またもや傍観者・・・
応援はするけど楽しさは大いにちがってくるわけでー…

せめてクボっちの代表復帰を喜んでおこう・・・
つっても嬉しいというより「無理すんなー!」て感じですが。

〜って、あ、やっぱりなあー。はたして…



***

さて、今日は東京V戦です!

暑いわ移動遠いわ芝ボロボロだわで
広島さん的にはことのほかキビしかった
地獄のHOT6の締めくくりでし。

前節を引きずって、じめじめ落ち込んでいられる立場でもない。
今日勝たなきゃ上位から転落で、後半戦を緊張感ないままマターリ過すハメに…
「優勝」ー争い」ーにからむ」の3段保険型スローガンさえ水泡と化します。
なんとしてもここで踏ん張らなきゃ。

相手がどこだろうと失点なんぼだろうと油断禁物だ。
決してボーナス・ステージなんて言わない!!言わないってば!

だって「この機に乗じて…(-_☆)キラリ」とか思ってると
必ず返り打ちにあって相手チームを起死回生に導いてしまう
天性の『プレゼンタ−』サンフさんですきゃら。


さあ、かかってこんかい!石崎ヴェルディ−!!

ん? 

い、いしざきぃ〜・・・???

なるほど。チーム状況は思った以上にたいへんそうですね。
しかも先行きも不安このうえない・・・(~_~;)



ううむ・・・かつての名門も今は昔・・・
(優勝チームで唯一J2落ちしたサンフとてヒトのことは…)
その黄金時代を築いたのはまぎれもなくキング・カズ。
生き方は今もかっこよすぎですなー。生涯現役!
(へえー合理的な「助っ人」報酬システムなのですね)

いやいやいや、こんなのたいしたことじゃない。


よかったですねー横浜FCのみなさま!

てか、ロス疑惑て・・・汗 
こんな○○企画は『サンデー・ジャポン』だなたぶん。とほほ



今やってる FUJI FILM の CM、自然と涙でるよね。

あのCMシリーズはどれも好きだけど、
TULIOバージョンのときだけはムズ痒かったね。カタハライタくて。
あんたたちそういう扱いは本物になってからにしてあげなさいよ、
スポイルしすぎて勘違いさせると本人の為にナリマセン。って感じで。

ええ、前々から釣り男さんにはことごとく辛口なわくみんです。天敵です。
その、いちばんやられたくない相手にボコられた後だからなおさらです。
きーーーぃ!


・・・
すいません、取り乱してしまいました。
とっとと頭を切り替えて〜。

そうよ、今日はジニ様も帰ってくるのよーーー♪
30才の誕生日を勝利の美酒で祝いたいもんだわね!!

昨日のRCCごじテレでそのジニ様のインタビューが!!

「次の試合こそ絶対チームに貢献出来るようがんばりたいと思っています。
26才の誕生日の日に試合があって、その日にいいことがありました。
つまり、その試合に勝つことができたんです。
明日も、そのときと同じく試合に勝ちたいです。がんばります!」


わおっ この美しさは広島の希望です。←そっちかいっ
なんならバースデー・ゴールでも!(笑)


そして愛すべきボランチ茂原もリターンズだ!!

「浦和戦は、テレビで見ていた。皆、足が重たそうに見えた。
 心配になって、試合が終わったら皆に電話した。
 1試合休んだし、他の人よりも動けると思うから、
 先陣を切ってボールを奪いにいきたい。」


おう、おう、おまいってやっぱ良いやっちゃなー。(涙)
プレイのほうも「いいときの茂原」でひとつ。
思いっきりやっちゃってくださーーーい。



そして我らがマエシュンも!!

「前田(俊介)については、状態が戻ってきた、とは言いがたいが、
 ゲームに出ると、何かやってくれそうなムードを持っている。
 また、やってくれるでしょう。
 そうでなかったら、大変なことになる
 と本人には伝えました(笑)。」bu小野ちん



お、おどしだ!(爆)


***

※シミュレーション

ヒサトがやりましたーーー!!
長いこと一等地リンクしてくれてたこちらさまも喜んでくれてるにちがいない

     
・・・って日が再び来るまで、はたしてリンクが残ってるかどうか・・・


あと、闘莉王のこととかヒサト弾幕とユニのこととか、
考えがまとまったらいずれあらためて。
posted by みんと at 15:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 空似アワー! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。