2005年03月25日

北朝鮮1ー2バーレーン

ただいま日本時間の午後3時です。
日本戦のキックオフまでは、まだ7時間もあるというのに
テヘランのアザディ・スタジアムはすでに満杯です。
なぜなら2階席はタダだかりゃ。わーわー言うとりますが。
うるさいです。松木が。はしゃぎすぎ。

てことでまずは北朝鮮VSバーレーン戦を見てます。
こっちの解説は越後。松木さんと逆にしたほうがいいじゃないかな。

平壌のキムウィルソン・スタジアムも満杯なのは同じですが、
観客の黒い服装のせいか人工的なスタンドの生気の無さが無気味。
ぎっしり人が座ってるのが見えてるのに実在感がまるでない・・・
北がボール持つと「ワ−(棒読み)」、バーレーンが持つと一斉に沈黙。
誰かがカンペでも出してるような統一感がコワイです。
※あとのニュ−ス見たら、ちゃんと音頭とってるリーダーがいたもよう。

あと、人工芝で火傷するからあまりキワどいスライディングは出来ません。
そのぶん自然とフェアな試合運びになってます。

ちなみにこのスタジアムには売店もないらしいですよ。
マス・ゲームが行われる場所だけあって、あくまでストイック。

ケガでリハビリ中のハンジェが今回もドナドナされて心配してたんだけど、
先発どころか登録からも外れてます。代表に籍を置きつつも無理はさせず、
という、長い目でみればハンジェにとって一番いい形かもしれません。

ハンジェが出て無い時点で、広島さん的にはお気楽モードに突入なので
これを書きながらの流し見。アン君はバッチリ先発です。
日本戦で穴だったGKは替えてきたもよう。アン君はよくがんばってます。

開始早々バーレーンが先制です。日本戦とまったく同じパターン。
さあ、「後半に強い北朝鮮」。果たして今回はTV放送あるんでしょうか。
(負けた日本戦は放送無し。今回も勝つか引き分けなら後日録画放送)

未知の世界にドギマギしながら初戦、日本との対戦に臨んだ結果、
「なんだオレらも互角にイケルぞ」って自信を手にしたであろう北朝鮮。
バーレーンにもまったくヒケはとってないですよ!

しかしバーレーンは簡単に2点目!!
またも右サイドのフバイル→9アリという素早いカウンターだ!
0ー2。

おおっ北朝鮮もすぐさま返す!!25パク・ソンガン。
目には目を、右には右を!これで1ー2。
やはり後半から粘り強いぞ北朝鮮!!一気に試合が活気づく!

バーレーンGKはいい。日本も苦労しそうだ。
そのGKが痛んで試合が止まるとスタンドから猛烈なブーイング!!
5万人の大観衆もついに自我による応援に目覚めたのか、
生き返ったように立ち上がるわ手拍子するわ、
スタジアム全体で押せ押せモード!
6月の日本はこの感じに耐えなきゃなのね。

最後の最後まで北朝鮮は攻めまくり、あわや同点、の局面が何度もあるも、
バーレーンの高い守りは破れず、長いホイッスル。

うーん、北朝鮮2敗かぁ・・・
これでハンジェの夢はかなり厳しくなった。
posted by みんと at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月19日

日本1ー0シンガポール

→右サイドバーにて天皇杯バトル只今絶賛懲罰中!(勝ったのはこちら

***

そうそう
前回の対戦もひやひや辛勝だったんだった。

たかうきがベルギーから注目されたように、
坂田大輔がUAEから大人気を得たように、
シンガポールから『一番コワイ選手』としてインプットされてるのは
やっぱ藤田なんだろうか…

と、思うマもなく玉ダーマンにその座を明け渡す〜。
玉ちゃんの「ニコッ」は世界共通でイケテルにちがいないが
乙女モトやんの「テへッ」は彼等の目に果たしてどう映ってるのだろうか…

”通訳”のアレックスをいまだに『三都主』って呼んでる私は
オクレテルの?(てか呼び方いつ戻したんだ)

アナ「加地もガンジョウですからね〜」
ふふふ。だってロボットですかりゃ。
それにしても、アナが「アキラ」って呼んだときは、
「ベンでもツトムでもなくじつはススムだった大木勉伝説」
以来の驚きでした加地亮。


さて結果は1ー0。
誰もが楽観視していたのは間違いないが、
いかんせんシンガポールは強かった。
これが現実なんやねー。
世界にちょっと追い付いたとはいえ、それ以上にアジアも押し上げてくる。
いまやサッカー界は拮抗してるのだ何がおこるかわからない。

『一次突破』のささやかな結果論に浮かれてひと休みしてる間に
着々と準備を進めるアジア列強に足元をすくわれる可能性を、
いいかげん認識しようよジーコ。

代表監督がこの時期なすべきことを常識的に考えれば
『2次予選突破の為のオリジナル構想をはっきり標榜し、
その方法論を実戦で模索する』
こと。

フェスタはW杯本番で私達を満足させたあとで存分にやってくれ〜。
この段階でそういう発想が出て来ること自体が非常識。
代表を目指すすべての選手の誇りを傷つけ弄ぶに等しい。

「過去のW杯に貢献した選手への御褒美」が
「今年のW杯予選に貢献した控え選手への御褒美」に
すり替わったとしても、本質は同じなのだ。

「感謝してるから見返りに出す」ではなく
アツが、マツが、フジタが、
「今後のチーム構想を練るうえで必要だから出す、
今試しておきたいから使う」

ぐらい言ってほしかった。
少なくともそれが真摯に取り組む選手への礼儀だ。

たとえ世論に屈した日和見ジーコの詭弁だとわかっていても、
選手自身は誰の思惑にブレることない精神力で
今はただ黙々と自分のプレーをアピールするのみだと知っている。

あとは、勇気ある進言をした中澤が、今後冷遇されやしないか、
それだけが心配だったりする。
てか、大黒は呼ばないの?

***

にしてもT○S。
『カズゴン勝手に花道興業』見送りで、ならば、と今度は
『嘉人祭り』ぶちあげて視聴率かせごうってぇ魂胆ですかい。

オープニングの大久保特集は「またそれかい」と目をつむるとしても、
エンディングまでもドアップ大久保のスローモーションなのにはワラたぁ。
そこは玉ちゃんのゴールシーンだしょ普通。
試合中は画面右上に「大久保いつ出て来る」テロップ出っぱなしだしさぁ。

なんたって先発メンバー紹介の美穂ちゃんからしてアレでしたから。
フジのアナが「今日のフィオレンティーナ、中田は先発じゃないんですね〜」
ってガッカリした口調で言うのとは、ワケがちがうんですから
日本代表と大久保の関係はさ。たのむでしかし。

こうして、図らずもメディアによって「アンチ○○」は作られていくのだ。(ウソ)
posted by みんと at 17:11| Comment(5) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月14日

開会式イリュージョン

そうか、サッカーは中2日の強行日程だから開会式に出てる場合じゃないのね。
んで、自分達の試合はもうなくても(不吉なこと言うなーーっ)期間中は最後まで居て閉会式にも出ていいのか。たぶんそうだよね。でもJがあるからやっぱ早めに帰って来るんかな。(だからぁ、ぜったい決勝リーグ行くんだってば!)
シドニーのときってどうでしたっけ?アメリカ戦のあともずっと残ってた?

***

さぁ、セレモニーのはじまりです。
すごい!!すばらしい!!なんという映像美!!これはもう芸術としか。
まるで質のいいSF映画を生で見せられたような胸を打つ演出でした。

選手入場。ファッションチェックは五輪の密かな楽しみのひとつよね。
各国がラフなスーツや民族衣裳で大会の幕開けにふさわしい礼服のセンスを競う中、日本チームは砕けたダサ・カジュアル(byユニクロ)。

男子の十人十色な体型をうまく補うゆったりめのデザインはいいかも。
ああ…日本人に「個性を活かした自由なコーディネート」ってのをやらせると、ヘタしたらだらしないカタマリに見えること発見。
まあ敢えてハズシたい感じはわかる。わかるけど、あの帽子と花柄は…てか、花柄って移動用の服だけかと思ってたよ。それならまだ人目につかないから許せると。
「ケンゾーだから」は感覚をマヒさせる呪文か。

まあいつぞやの森英恵”レインボゥマント”よりはずっとマシだったかも。
さすがにあんときはTVに映る戦慄の光景に「見ないでー!ちがうの、ちがうの、これは見なかったことにーっ」って、思わず世界の中心で恥を叫んでましたが。

『そりゃ全員が揃って顔が小さくて掘りが深くて首も手足も長いモデル体型の人種が着れば何だってカッコよく見えるよ、日本人用にデザインするのはホント苦労するんだ、欧米の国々と見栄えやセンスを比較されるのは不本意だ!』
なーんて、手掛けたデザイナーはグチのひとつも言いたいのかもしれないなー。


旗手の浜口京子よりいっぱい映りまくり抜かれまくりの『プリンセス・メグ』。
どうやら”日本人の中では一番カメラ映りのいいターゲット”としてロック・オンされた模様。
そうか。ギリシャ人の審美眼でもそうか。

てことで、人気(ひとけ)のない会場で人知れず始まった予選リーグをよそに、サッカー選手はビタ一文出てこないセレモニーでアテネの祭りは始まったのだったー。

***

今日から帰省。出かける前にサイトさん巡りして大爆笑!!


ナス!!割り箸刺すぞ!盆だし。 (8/12参照)

盆ナス
※はいはい。こういうやつやね。

各所で繰り広げられるバッシング、はたまた擁護、励まし、数々あれど、
ここまで端的にソフィスケートされた愛ある「那須たたき」は清清しいな。
さすがぽけ。はずさない。

これでいい気分で出かけられそうだ。
今夜は実家で女子ナイジェリア戦!!
ではでは盆明けまで〜。
posted by みんと at 15:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月13日

合い言葉は「逆境」

<男子予選>日本3ー4パラグアイ


や・ら・れ・た・・・・_| ̄|○


あー、晴れの開会式をこんな気持ちで迎える選手たちは…

なんかもー2年もかけてやってきて結局このメンバーで・・・
付け焼き刃のオラオラのコンビネーションで導入部失敗・・・
しかも直前練習させてもらえなくてあの芝にやられる準備不足・・・

あー、あと一点とれそうだったのになー。
ちゃんとやれば引き分けられた試合。
(詳しくはまたビデオ見てから)

いろいろあるけど、今更しのごの言うてもしかたがない。
もー勝つしかないんだから悪いイメージを引きずらないことが一番!
こうなりゃ開き直ってみんなで前向いて思いっきりやるっきゃないやね。

あのイタリアがガーナと2ー2で引き分けたからねー。
次の結果次第では得失点差でまだまだ日本にも可能性はある。
日本的には、負けたとは言え3点取ってるのが効いてくるね。

高松、PK2本もとって偉いぞ!(ラッキーも才能のうち)
大久保、よくやった!(いまさら誉めて伸ばしてみる←必死)


***

わおったいへんだ!
オリンピックに気をとられてたら明日8/14は2nd開幕ですよ、

     (と思ってるのは私だけか?)ジェフ戦ですよ!

なんかイベント盛り沢山で楽しそうだな〜。ただしアウェイ。
もちろん阿部ちゃんも駒も浩司もいない、そんな切ないけど大事な試合。
しかも帰省中なので後日J-sports録画でしか観られません。ひ〜ん。



<私信>
ドメイン取得おめでとうございますFriskさん
あと、眠れるワンちゃんサイトさんたちが続々起きてきたみたいで嬉しいなー。
右欄が現在いじれないのでリンク貼り変えもNEXT敵リンクもできてましぇんが。


***

てことで、明日からまた留守にします〜。
帰省から戻ったら「アテネ世代空似特集」開催の予定〜(ほんまか)
posted by みんと at 16:36| Comment(3) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月12日

さあ、オリンピック!

<女子予選> 日本1ー0スウェーデン

やったね「なでしこジャパン」大金星!

お〜〜っほっほっほ。これでE組1位通過は濃厚ですわね。
もしそうなると、中国を8ー0でボコった最強ドイツや、宿敵アメリカとは
別トーナメントになるので、決勝まで顔合わせずに済みそうだー。

マジでメダルの可能性が〜♪

ってまだ一試合勝っただけなんですけどね。
まああれです。開票直後に当確が出る選挙速報みたいなもんですね。
(「捕らぬタヌキの皮算用」とも言う)

切実な話、良い成績がそのまま彼女達の待遇アップにつながりますきゃら、
オラ心底なでしこ応援しる!

 ※「なでしこ」の花ことばが
  『苦い追憶』(「とくダネ!」調べ)
   ってのは置いといて(~_~;)

さて一夜明けたら情報番組でアフロ荒川ちゃんの特集をバンバンやってて、
アルバイト先やら両親やら母校やらがとたんにクローズアップだよ(笑)。
ほんとマスコミって喰い付きが極端でゲンキンで面白い生き物やなー。


U-23男子と言えば、バカの一つ覚えみたいに 大久保、平山、闘莉王の
特集さえしとけば視聴者が喜ぶと思い込んでいる怠慢マスコミですが。
今夜の男子パラグアイ戦、もしも浩司のゴールで勝利してしまったら〜
とか、駒ちゃんがアフロに〜(ちがう)とか、いろいろ想像しては
いきなり大騒ぎするであろうマスコミの豹変ぶりが楽しみになってます。

とりあえず出してくださいお願いします。(左端に駒野、真ん中に浩司が…


んで、なんだかアカデミー賞みたいになるヨッカーン。
posted by みんと at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジア杯

<決勝>中国1ー3日本

優勝おめでとー!
いやぁ〜おもしろかった!素直に嬉しくて泣けた。

掟やぶりの”国家洗脳群団”をモノともせず、ただ目の前の勝利を目指す戦士達、途中ハラハラもありーの最後にはヒーローと相手GKが1対1で決着つけて大団円〜!

って、まるでお決まりの勧善懲悪ハリウッド映画のような展開。
直面する困難が常識外れに酷いほどやっつけた後のカタルシスは増すという罠。

期待せずに観に行った「スパイダーマン2」がことのほか面白かったように、なーんも考えず単純にどっぷり感情移入して楽しんだよアジア杯。

にしても正義の味方・玉ダーマンが文句無しの3点目を決めてくれてよかった〜。
もしあのまま『神の腕』勝利で終わってたら、そこはホレ、サッカーなんぞ見たことなくても、とにかく反日掲げて暴れたい皆さんがココゾとばかりにピッチになだれ込んでスタジアム全体が「阿鼻叫喚のルツボ」ですよ〜それでなくてもジャッジへの不満で、すでにピッチはモノ投げ込まれ放題でしたからねー。

そんな試合後の勝利者インタビューが玉&ヨシカツの「イケメン・デュオ」で、これまたよかった〜。
アイドルみたいなキラキラ笑顔とクレバーで謙虚で気の効いた受け答えがこの殺伐としたスタジアムの雰囲気を一掃して爽やかさだけが残る大会に塗り替えてくれたね。
コワモテボンバーや薄幸顔スンスケやアフォ顔たかうきだったらこうはいかない

あのスマイルにズキュンときた「隠れ玉ギャル」が、実は中国にも約1億人はいると睨んでいる。
「冬のソナタ」で意外なところから民間レベルでの韓日融和の波が生まれたように、君も中国にとっての”ヨンさま”になる気はないか!
>「柏のアナタ」微笑みのフォワード”玉さま”(勧誘)

アナ:なんかこう(ファンに)『贈る言葉』なんてのはありますか?
玉:ぬはははっ特にないです(大ウケ)


って、ひょっとしてこれマッチ(近藤真彦)に引っ掛けた質問なの?
玉田圭司&近藤真彦
(勝手にネタ元


さて今大会、猛暑の持久戦をあくまでメンバー固定で通す、という無謀とも思えたジーコ采配ですが、結果的には「当たり」だったということか。
レギュラー選手達と抱き合って屈託なく喜ぶ控え選手達の影の貢献の姿にも涙。

まあ今大会からは出場の有無にかかわらず召集メンバーは一律同額の報奨金ですきゃら。この平等措置で、出れない選手も気持ち的に少しは救われるし、ジーコもよけいな気配りなしに心置きなく偏重起用ができる、という合理的なシステムだ。
いや、一見ドライに見えますが、こういうフォローって、意外と大事だと思います。プレイ以外での精神的ストレスはできるだけ取り除いてあげてください川淵さん。(あと、女子の待遇をもっとなんとかして)

とか言ってる矢先にこういう勘違いなこと言うじゃな〜い。
アンタ、それじゃあ独裁者ですからぁ〜っ、残念!!


さてここで、民放では流れなかった授賞式の模様をBS観戦報告。

***

玉ちゃんの3点目でさっさと帰り始めた観客ですが、表彰式の時点ですでにバックスタンドには2〜3割しか残ってないように見える。
(アナは「半分以下」と控えめ申告だが、あきらかにマバラ)

深い横スリット入りの真っ赤なチャイナドレスを着たモデル体型のお姉さんが運んでくる授賞グッズ。

■大会得点王:アラー・フバイル(バーレーン)5得点(日本戦2得点)
〜金色のシューズ型のトロフィーがかわいい。
授与の際にも、後ろに映る観客に拍手する様子は一切見られない。
反日だけじゃなく基本的に礼儀を知らないのか?中国人。
かすかな拍手は律儀な日本人サポーター席の音を拾ってると思われ。(推測)

■大会MVP:中村俊輔(日本)
〜シルバーの楯を高く掲げるスンスケ。(会場シラ〜〜)
聞こえてくるのは日本人サポーター席の拍手だけらしい。
諸手を挙げ、立ち飛びして祝福するチームメイトたち!
こういう時のたかうきは無邪気で可愛いなー。

選手ひとりひとりとハグハグして回るジーコ。
無理矢理両手で顔を押さえて「キス」してまわったトルしゃんのときよりはまだましなのか、あからさまにイヤがる選手はいないようだ。
監督の表情は後ろ向きでわからないが、コッチ向きの選手達の反応が面白い。
もちろん解説は主観オンリーですきゃらあしからず。

・加地…はにかみ笑顔でハグ
・本山…がっちり握手してからハグ
・田中マコ…軽くハグ
・ナカタコ…満面笑みで心から親愛のハグ
・三浦アツ…貫禄で目を見ずクールにハグ
・西…アツより先かと思ったらフライングぎみで顔赤くしておずおずとハグ
・マツ…なつっこく自分から抱きつき、ジーコはマツの坊主頭をテンテン
・山田卓…男っぽく同志みたいに肩組み
・たかうき…後ろから胸に両腕まわして抱きついてくるヤツがいて
 思わず「きゃっ」って、おふざけモードで腕を払おうとしたが
 振り向くとジーコだったので「おう」って笑ってハイタッチしたあと、
 ジーコの肩に顔を倒して恋人みたいなハグ
・茶野…自分の順番が来るのを横目で確認しながらタイミングを待ってたが、
 それを悟られないよう自然に振る舞おうとしたのが裏目に出て、
 結局演技っぽい笑顔でハグ
・三都主…ガム噛みながらも感激してハグ
・小笠原…観音像のような微笑みだが本人としては精一杯の笑顔でハグ
・楢崎…実直そうに分をわきまえた笑顔でハグ

あ〜、ここで画面きりかえ。全員の様子が見れず残念。

■レフリー表彰
アナ:あー、ただ日本としてはやや、遠藤のレッドカードといい、
   非常に判定的にも逆風になった大会ではありましたが(汗笑)

   
■フェアプレイチーム賞:中国
主将代行がトロフィーを掲げるが、ホームなのに声援は少なく…。

■準優勝・銀メダル授与:中国
うなだれてダルそうに台に上がり、メダルをかけてもらう選手たち。
中国サポのコールがかすかに聞こえてくるが、空気は沈鬱だ。
中にはすぐに首からメダルを外す選手も。
残っていた少数の中国サポに向けて全員がアピールすると、ようやく暖かい拍手が。

今回の騒動に関して、思えば一番可哀想なのは中国代表選手達だ。
彼等は正々堂々りっぱに闘ってただけに、せめて銀メダルの授賞式くらいは観客全員残って健闘を讃えてあげろ〜!ってそっちの怒りのほうが大きかったわい。

中国選手たち本人の胸のうちを聞いてみたい。この騒動をどう感じているのか。
できれば中国内部から少しでも疑問や批判の声が上がるのが望ましいのだが…。
発言が制限され自浄作用が望めないのが洗脳独裁国家というものなのだろうなー。

■優勝・金メダル授与:日本
並んで立つ日本選手ひとりひとりと順番に握手する中国選手とスタッフたち。
そこには悪感情など入る余地なく、相手を尊重して健闘を讃え合う本来の姿があって安心した。プレイヤー同志のレベルでちゃんとしてれば、それだけでもいっか。

AFCハマノ会長と握手してメダルを受け取るジーコ。
片手は腰のままのけぞってポンポンと会長の腕をはたくジーコに、かつての名選手としてのプライドと人脈アピールを見た。
アシスタントのチャイナドレス女性、いくらなんでも目つき悪いし、終始ぶすっとしすぎ。

ブーヒー、ブーヒー、とセレモニー無視の間の抜けたチアホーンの雑音の中、
嬉しそうな川口、中澤、福西、どんどんメダルが掛けられ、握手は続く。

・時々加地がロボットに見えてしかたないのだが。
・遠藤はタンゼン着てこたつに入ってるのが似合う。
・逆に福西はいつも温泉あがりみたいだ。きっと浴衣が似合う。
・藤田…見てるだけで泣けてくるのはなぜ。
・たかうきはアフォだけどチャーミングなんだなー。良さがやっとわかった。
・茶野…またカメラ意識すまいとして逆に目が泳いでたぞー。
・ききわけのいいツルッぱげマツは、もー何かを超えちゃった人みたいで怖い。
・西…何に怯えているのかあいかわらずオドオド挙動不審だ。
・玉ちゃんは立ち姿もかっこいい!アイドルが身に付いてるなー。
・田中マコたんが明日29才の誕生日だってこと誰か知っててあげなさい。

キャプテン宮本がカップを掲げて歓喜の瞬間!!!  

(会場シーーーーン。この時点で5%くらいの残客率)

日本サポーターのリズムだけが響き、台の上で立ち飛びのスタッフ&選手達。

配られた大会Tシャツを重ね着して、楢崎の音頭(イチ・ニー・サン・ダーーー!!)で全員が雄叫び&水かけ。
やっとオレの出番だとばかりに(~_~;) 水を得た魚状態のマツがはしゃぐはしゃぐ。

重責から解放されて、子供のように無邪気な笑顔でみんなと叫ぶジーコ。
(負ければ泣きそうな顔、勝てば大喜びする単純な作業が主なお仕事です)

その後カップを掲げて一斉に日本サポ席めがけて駆け寄る幸せなカタマリ。
殺伐とシラケタ会場の中でそこだけが異次元異空間。
この異様な風景に用意されていた曲は、定番のクイーンだったとさ!!(爆)

***

ところで先日、名探偵コナン見てたら「ライブドアー」のCMが。
いつのまに番組スポンサー参入してたんだ?
と、ITに疎い私でさえ気付くほどの劇的な知名度アップぶり。
そうか、そういうことか!
あの一連の騒動、広告宣伝費に換算するといったいいかほどだったろう。
本気でチーム買い取る気があったかは別としても、PQ値高いぞホリえもん。

世の中のシステムは複雑ですなー。
オモテの現象だけ見てたら本質を見逃しますから侮れません。

あ。

かの”民度の低い群集”の皆さんも、ひょっとして本当の狙いは別なところに?
敢えてワルを装うことで、実は日本の引き立て役となって大会盛り上げを?

たしかに『アジア杯』がこれほどまで世界中のマスコミに注目されたことはなかったものね。選手バスどころか日本大使公用車襲撃なんちゅう犯罪行為を犯してまで欧州諸国の関心をアジアの片隅のカップ戦に引き付けるとは、ある意味大貢献かも。

そう考えてみれば「大会ホスト国として立派に成功させた」なる北京メディアの厚顔にも頷けますな・・・って、まじで大丈夫か中国(~_~;)

4年後の北京五輪って、マトモに実現するんですかねー・・・遠い目。
posted by みんと at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月25日

さあ、決勝リーグ

ポルトガルーイングランド
<まだ放送未見の方のために結果は最後に:ネタバレ注意>

入場ゲート通路で軽くハグしあうフィーゴとベッカム。
今日の試合の豪華さを物語るわくわくするようなシーンだ。
両チームサポの混在した超満員のスタジアムは始まる前から興奮のルツボ。

お楽しみのひとつ国歌斉唱のカメラパーン。
クリスチアーノ・ロナウドかわいい。ヌーノゴメスはよそ見中(笑)。
観客の中には国歌に感極まって泣き出す人の姿も。
そういう異様な興奮と感動に包まれたスタジアム、
自国開催というのはこういうことなんですねー。

決勝リーグからは先発紹介も顔写真付きなのねWOWOW!
ポルトガルはワントップFWヌーノ・ゴメスだーーー♪

審判はウィス・マイヤーさん(スイス)。ちょっぴりコワモテ。
およよ?ひげの剃り跡だけ白髪?
しかし欧州にはナンボでもかっこいい審判がいらっさいますのー。
最年長45才!!コッリーナさんより年上?見えにゃい見えにゃい。

ぐはっ
開始3分でオーウェンゴール!!
おまいらルーニ、ルーニ−騒がしいぜ、オレ様を忘れてない?
いままで(得点記録の上では)静かだったオトコは周囲の雑音をよそに
「決勝リーグで決めればいい」ってぇ腹づもりだったそうですW杯のときみたいに。

エリクソン曰く「氷のように冷徹に決めた」今大会4得点のルーニ−も
負けずに猛攻。はじめから一時も目が離せない試合になりそうだ。

そのルーニ−が足ひねった?相当ヤバいらしくとうとうヴァッセルに交代。
『史上最年少得点王』は夢と散ることになるのか〜。

GKジェームズは坊主にしても下地にはもみあげの形がそのまんま残ってる。
ベッカムのFKもCKもこの大会では不思議と蹴る前のドキドキを感じない。
コンディションのせいか…
ベッカムの存在自体が脅威でないのはとても寂しい。

コール、ロナウドへのファールでFK。しかーしフィーゴこれをフカす。
オーウェン〜〜入ったかと思った。今日は動きがいいなーオーウェンズデーか。
絶好のチャンスでC.ロナウドのブラインドヒールはまんまとベッカムの足中に。
その後もポルトガルはパスミスで簡単に取られてシュートまでもっていかれる。

徹夜疲れの新聞記者のような風貌のデコ。今大会ではポルトガルのキーマンとして一番目立っている。だがポルトガル、どうも攻撃が単発で連係の形が見えて来ず、いかにもチグハグな感じ。

C.ロナウドがゴール前でFK獲得。フィーゴまたもフカした!!
「いーやーん」みたいな悲鳴が放送ブースから(笑)

シュート止められた途端、髪型気にしてなでなでするヌーノゴメスは獲物捕獲に失敗して何事もなかったように毛づくろいしてごまかす猫のようだニャ−ゴ。
(広島のチアゴの場合は靴紐結び直し動作でした)

ヌーノゴメスが膝を踏まれたー。
ストッキング下げてスパイク跡を指差し猛烈アピール。
何やっても愛らしくて魅力的。
ポルトガル攻勢時のイングランドは守備に8人かけて堅い堅い。
ポルトガルはシュート連発するも手前でことごとく跳ね返される。

フィーゴ、出し所がなくて時間かかりすぎ、結局取られる。
うーむ…どうも半テンポずれてる?どうしたフィーゴ、絶不調。
監督、とうとうフィーゴをはずす大勝負に!!??
入るのは若いポスティガ、この賭けが吉と出るか凶と出るか。
そして後半30分、やっとというか今頃というかルイコスタ投入。

ぶわーーーー!!賭けは吉でしたーーーー!!!
フィーゴに代わって入ったポスチガ、同点ゴー−ー−ル!!
ホームサポ大騒ぎ、泣いてる、泣いてる〜。
ヌーノゴメスがDF引き付けてフリーになっての得点でした。
やっぱ連係プレーですな。

がははは。これで俄然面白くなってきた。
ルイコスタは顔がロバに似てる。
(ファンホーイドンクがロバっぽいのは名前だけ)

ぎゃあ!
イングランドに混戦から押し込まれたーーっと思ったら、
ファールだって!!ノーゴールだ、いいぞっ審判。
即反撃のポルトガル。がはは、おもしろ〜い。
ハーグリーブスが最後の力を振り絞ってボール持ち上がるも足がもつれて自滅、今度はポルトガルがシュート!!一時も休む間もない攻防。
見てるほうは面白いが選手達はさぞかしキツかろうて。

<延長戦突入>

決勝リーグの延長は「シルバーゴール方式」。
お察しのとおりお年寄りにもやさしい方式だ。(ちがうぞー)

Vゴール勝ち逃げはなく、まず15分はぴっちり闘う。
点差がつかなければもう15分ぴっちり闘う。
それでも同点ならPK戦。

ヌーノゴメスが果敢にアタック。C.ロナウドが駆け上がって倒される。
ベッカムの時間かけたキープはあきらかにFKのためのファール狙いなんだな。

双方すばらしい集中力。体力は相当消耗してるはずだがそれを見せたら負け。
手に汗握るとはこういうことか。

審判のマイヤーさんは少々倒れたくらいではいっさいPKを取らず流す。
それが結果的にスピーディで見どころの多い良い試合にさせている気がする。

延長後半5分。
ぐわーーーーっルイコスタごぉぉおおーーーーる!!!すごい弾道!鳥肌!
飛びついて折り重なるチームメイトたち。ルイコスタ団子だ!
泣いてる泣いてる!サポが泣いてる私も泣いてる!
(どうやらみんとはんはいつのまにかポルトガルを応援していたらしい)
毅然と目を見開いてホームサポに投げキッスするルイコスタ!
やっぱりロバに似てる。

否、
今日はVゴール方式ではないんだ!時間はイヤというほどたっぷり残ってる。
守れ!守れ!あと10分を守りきれーー!

ええーーーっっうそだぁぁーーー!
混戦から押し込んでランパードが同点弾ーー!?
_| ̄|○ううう。なんてこった。これでまた振り出しに。
さすがイングランド、さすがランバード。

ベッカムが右から左からCK三昧、そしてクリアー、の繰り返し。
ぶわー、結局同点のまま、まさかのPK合戦に突入!!
なんて試合だ。しょっぱなからこんな壮絶な闘いが見られるなんて!
すばらしい。

ちなみにシュート数はポルトガルが35本、イングランドが16本。

<PK戦>

ポルトガルGK:リカルド
イングランドGK:ジェームズ

イ1)ひとり目はベッカム。

ぐわっ!?なんと、またPKはずしたーーー!●
ボールは信じられない軌道を描いて遥かバーの上。
軸足がすべって、というトルコ戦の二の舞いだ。
ペナルティポイントの芝は掘れて相当荒れている模様。
その後のキッカーはみんな用心深く芝を踏み固めてからセッティング。

ポ1)デコ。リラックスして手堅く。○

イ2)オーウェン。左隅にソツなく。○ 

ポ2)シモン・サブロサ。フェイントかけて左に。○

イ3)ランパード。ど真ん中。○

ポ3)ルイ.コスタ。なんと!失敗ぃぃぃいいい!!●

ボールは無情にもはるかバーを超えて、ベッカムにおつき合い。
自信のある大物ほど失敗する、の法則そのまんま。
これでまたアドバンテージ無し。

イ4)テリー。枠上部に狙いすまして。○

ポ4)C.ロナウド。フェイントぎみに。○

イ5)ハーグリーブス。右隅に。○

ポ5)マニシェ。冷静にあっさり。○

イ6)コール。左に決めた!○

ポ6)ポスティガ。軽く浮かして。にくいっ!○

イ7)ヴァッセル。 うをっGK止めたーーーーっ!!!●

なぜか手袋を外してしまったGKリカルドが左隅に飛んで素手で弾いた!!
大喜びのポルトガルサポ。
さあ、次を決めれば勝利だ〜っ!この大一番のキッカーはいったい誰?

ポ7)リカルド。え?リカルド!?!?

なんとGK自ら行くかーーーーっ!?
なんでや、ええんか?だいじょうぶなんか?うそー…

いよっし!左隅にブチ込んだーーー!
わはははっ最後は自分で止めて自分で決めたーーーーっ。○

ポルトガル勝利ーーーーー!!!

なんてすごい試合だったんだ。いやあ、面白かった!
結果的には思いきったルイス・フェリペ・スコラーリ監督の采配の勝利か。
なんというか、これを生中継しなかったTBSさん、一生の不覚だぁねぇ。

ポルトガル(PK勝)2ー2イングランド
posted by みんと at 14:25| Comment(4) | TrackBack(1) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月24日

悲喜こもごも

EURO生中継全試合観戦もこう連日だとさすがに集中力を欠いてきたもよう…。
眠むたい。体調めっちゃよくない。でもしあわせ。

3順目からは公正をきすため時計を合わせて2会場で同時キックオフです。

■■A組■■

ポルトガル1ー0スペイン 

勝たなければいけないポルトガル、引き分けでもいいスペイン、
北沢さん曰く、「引き分け狙い、ってのはなかなか難しいですよー」
ポルトガルはスペインに23年間、勝ててないそうですよ。

審判はスウェーデンのフリスクさん、人気者とあって審判なのに度々意味無くアップになるのですわ。シュン、シュン、と両方手バナするとことかが容赦なく画面いっぱいにドアップになった日にゃーアータ、もうフリスクた〜ん(はぁと)ですよ。ホンマか

ここにまたひとり、坊主シンドロームの犠牲が。
スペインの若きFWフェルナンド・トーレス、20才。

デコが誰に似てるのか、についつい気を取られてると試合を見逃す。

マイおきにのヌーノ・ゴメスはポルトガル国内でもCMに出てる人気者。
彼が入った後半から試合は活性化、一気に華やかになって観戦モチベーションもアップ!まんまと決勝点を奪っちゃうスター性はさすが!
画面も、ここぞとばかりに美しいヌーノのアップが多くなる。
アナ「得点するとよけいにカッコ良く見えますねー」だねだね。

追加点を狙ってマルシェが、ヌーノゴメスが、バンバン上がっていく、
逆に後がないスペイン、CK時にはもう全員攻撃でGKカシージャスまで上がっていくが、ここで試合終了〜。

他会場ではギリシャが、1ー2でロシアに破れるも得失点差でA組2位決定。
それによってスペインが早々と予選リーグ敗退の憂き目に…。


■■B組■■

イングランド4ー2クロアチア

審判のコッリーナさんも、もう45才。来年は引退を余儀なくされるFIFAの掟。
でもこの人ほどタレント性があれば引退後の身の振り方も心配なし!
心配なのはむしろ彼なきあとのサッカー界だ。カリスマ審判の登場が待たれる!
ついでにJの審判レベルの向上も切に。

クロアチアの「2コ小鉢」というスーパーのおまけみたいな名前の人が開始5分でゴー−ル!
しかしクロアチアの勢いもそこまでか。その後はイングランドのゴールショウに。

1ルーニ−のクロス→スコールズ
2オーウェン→スコールズ→ルーニ−(かなり離れたところからズドーーン)
3またまたオーウェン→ルーニ−(ひとりで持って行ってバコーン)

もう手をつけられない
そういえばルーニ−、キックオフ前に股間をゴシゴシ。おう、このことかな?

スコールズがキレキレなのと、得点王まちがいなしのルーニ−たん大活躍で、
波乱も何もなく、そして萌ポイントもなく…だぁーー。っと思ったら、
やったよクロアチア、ゴール前の混戦から2点目!これで面白くなるか?

あー、もう他会場の状況を実況の武藤さんが親切に逐一報告してくれるもんで、
このあとのフランス×スイス戦録画放送へのモチベーションが…

うぁお!イングランド4点目ーー!ランバート。これで決まり。
クロアチアのDFもGKもユルすぎだよ〜ぉ。
ベッカムの存在感よりも
スタンドのビクトリア&ブルックリンが気になる試合でした。


フランス3ー1スイス

うーん、スイス10番を背負うハカン・ヤキンはさすがに上手いなー。
ムラト・ヤキンとの関係は…兄弟てわけでもないの?

ピレスCKからジダンの珍しいヘッドで先制点。
おや、ジダンもう髪がうすら黒くなってるよ。
その後もフランス猛攻。
やっと反撃に出たスイスがあれよあれよでつるつるる〜とあざやかにゴール!
伸ばした右足に引っ掛けるも、ボールはネットであっけにとられるバルテズ。
3試合連続で失点のフランスDF陣、あとは攻めるしかないのだが、逆にスイスに伸び伸び攻められてるぞ、またシルベストルがPK与えやしないかと、
そればかりを心配。

ことごとくシュートをはずすアンリ。
アナ「今大会アンリの初ゴールへの道は1000里ぐらい、ありますね」
早野「ありますね〜ぇ。アン、て言ったら1ですから、1里(アンリ)っていったら4キロくらいW]
アナ「はは…」
なんだか盛り上がってるみたいです。

後半、アンリがシミュレーションをとられてイエロー。
一枚目なので決勝リーグには響かないが…。

ハカン・ヤキン交代。スイス、そろそろバテてきたか。
ピレスがシュートふかして唇ブルルルル。
バルテズのフィードは相手PAまで飛ぶのね。

やっとエンジンかかったアンリの初ゴールで2点目勝ち越し、
さらに3点目もアンリが入れてフランス決まり!

なんのかんのありつつ終わってみれば下馬評どおりの結果に。
とりあえずようございました。
てか、使い捨てカイロ貼ってるみたいなリザラス確認の為にフランス戦再チェックだ!

■■C組■■

イタリア2ー1ブルガリア

敗退決定も、PKで先制したブルガリアが最後の意地を見せてます。
必死でカサにかかるイタリアはペンロッタが押し込み同点にするも、
カッサーノのマイナスのクロスがことごとくビエリに届かず。
「そのコボレに後ろから誰か行け〜っ」とTVに向かって叫んでも画面内に飛び込んでくる青い人影の気配も無く、即ブルガリアボールに〜の繰り返し。
一緒にするのもナンですが、このへんまるでサンフを見てるような歯がゆさだ…
(たま〜に浩司が走り込んできてオイシイとこもってくんですけどね)

あせって疲れてきたのかイタリア。攻守の切り替えもままならない。
ひたすら「デルピエロを代えないでくれよ〜〜〜」と祈りつつ…
ああーーーっ交代の合図、デルピエロが画面でアップに!?
と思ったらカメラさんのフライングでひとまずホッ。
そうだよ、
何が何でも超攻撃的にいかなきゃなんだからデルピエロは居なきゃーー!

ブッフォン神ーーー!
はやくはやく!どっちにしても同点では上に行けないんだからーーー!
時間が無い!必死の形相のアッズーリ。
あせって逆に中盤で取られまくりのイタリア、いっぱいいっぱいになってきた。

ところがなんと、ロスタイム5分もとってくれた!?がはは、いいぞ、落ち着け!
ブッフォン、またまた神ーーーー!
ぐわっ!!カッサーノ2点目勝ち越し弾!!!やったーーーーーっ
朝っぱらから思わず大声でガッツポーズ。

ちなみに『ガッツポーズ』って言葉、ガッツ石松がチャンピオンになったときに拳を振り上げたのが起源、てのが通説になってるけど、実際はそれより前のボーリング選手権か何かで「女子プロのナニガシさんがガッツポーズ」っていう記事があって、そっちが元祖なのだとか。プチうんちく。

ああーーー!!他会場の結果がっ。
スウェーデンがデンマークに追い付き2ー2の同点!?
なっ、なんてことだーーーっ!
カッサーノ、ペットボトルを蹴りあげる!
勝ったにもかかわらず、もうどうあがいても決勝Tには上がれなーーい!?
ピッチに崩れ落ちる満身創痍のアッズーリたち…
泣き崩れるカッサーノ、頬を抱いて慰めるデルピエロ…

こ、これってまるさんの予想どおりじゃん・・・
しかし出来すぎている…
2ー2なら一緒に上がれる仲良しお隣りチーム同志…
ま、まさか密約でも・・・!?

ま、それは半分冗談としても(半分かいっ)。
実際、W杯でもあったよね、
ハーフタイムの控え通路でフィーゴがイ・チョンスに引き分けを持ちかけた話。

なにはともあれ、これはきっちり見届けなければ北欧ダービー。

スウェーデン2ー2デンマーク

スウェーデンサポは礼儀正しく、それでいて明るく楽しい人達、ってことで
ポルトガル国内で一番評判がいいらしい。
早野「そりゃ初戦で5点も取ってますしねー」
ヒヤヒヤさせられまくりのイングランドサポが暴れても無理もないっちゅう話か。

トマソンのあざやかなミドルでデンマークが先制。
楽しそうだったスウェーデンサポの表情が一転、Σ(||゜Д゜)縦線状態に。
デンマークGKソーレンセン見事なセーブ!
スウェーデンDFエドマン累積2枚目イエローで決勝T出られへん。
予選リーグで一枚だけなら帳消しになるのにね。惜しい。

デンマークの守備はさすがに堅いなー。
スウェーデンの攻撃がイマイチ精度と威力に欠けているのもあり。
ラーションが自分で取ったPKでやっと同点に追い付くスウェーデン。

スウェーデンの動きが妖精ぽいのは、速くて流れるようなプレイのせいもあるけど、みんな足が長くて重心が高いから走るときにフワフワ〜っと黄色が空中を飛んでるような感じに見えるせいなんだよねー。

デンマークは優勝すると1人31万ユーロ(約4000万円)もらえるんだとか。
北欧はなー。国ぐるみでバッチリ面倒みてくれていいよなー。
もしニンジン効果で今回エエとこまで行こうものなら、各国でウチもウチもーってなるんかな。それもなんか違う気もするが。

後半21分、トマソンが今日2点目〜〜〜!!!湧き上がるデンマークサポ!!
もし追い付かれて同点になっても決勝トーナメント決定だよーーー。
って、結果知ってますから驚きも何もないわけですが…

後半44分、ウィルヘルムションのマイナスのクロスをGKソーレンセンが雨ですべってハンブル、こぼれに飛び込んだヨンソン決めたーーー!!
渋くてステキだぜヨンさま(呼ばわりはこの時期限定でヨンがつく人の宿命なのであんま気にスンナ)。
その後もまだ攻め続けようとするイブラヒモビッチ。
ここまではまったくガチンコ。
そらーやっぱ、わざと引き分けようとして出来るもんじゃないやね…

45分からはボールを廻しはじめるスウェーデン、
まったく取りに行こうとしないデンマーク!
これか…
お互いに了解のもと、ロスタイム消化まで時間つぶし。これもW 杯で見た憶えがあるぞ。
それを大拍手で支持する両チームサポ。大人の論理が支配する空間の無意味な時間はやけに長く感じる。いたたまれないかのような笛と共にスタジアム全体が喜びで大爆発という珍しい光景とあいなり。

この時点で、他会場、ロスタイム5分のイタリアはまだ同点のまま。
その後勝ち越し勝利するも、悔し涙を呑む羽目に・・・うぁ〜ん!
いや〜、こういうこともあるんですねー。

これでイタリアマスコミの怒りの鉾先はトッティに向けられたりするんでしょうか。
ううむ。仏W杯に於けるベッカムの二の舞いにならなきゃいいが・・・

■■D組■■

チェコ2ー1ドイツ

決勝リーグに備えてやっぱり1.5軍できたチェコ、
バラックのゴールでドイツ先制。
しかしすぐにハインズのFKが壁を超えてカーンの飛び手もすり抜けたー!
チェコ追い付いて同点、さらに逆転でドイツを下す!!
すごいな3連勝だチェコ!しかもネドベド温存で。
他会場の結果を封印するために最後は中継を流す。

オランダ3ー0ラトビア

予選リーグもこれで最後と思うと、こころゆくまで堪能しなきゃ、と
いつになく集中してみる。
今日こそはファンホーイドンクが出てきたらいいなー。

ラトビアの国旗の色、ネット上では地味〜な茶色に見えたんですが、実際はどちらかというとエンジ系のようです。いわゆるクリムゾンカラー?

ゲッ!?なんだこの会場、まわり一面の岩肌っぷりはいったい!?
どんだけ切り開いたんや、っちゅう岩場立地。両ゴール裏共、スタンドは無いぞ。

ダービッツのはシミュレーションぽいけど、でも審判の目の前だったからねー。
PKをファンニステルローイがきっちり決めて1点目。

オランダサポが大騒ぎするもんだから期せずして他会場の途中経過がそれとなく選手にも伝わり、ベンチの嬉しそうなクライファートが度々カメラに抜かれる。
くったくない笑顔はKONISHIKIだな。前々から似てると思ってたんだがやっぱり。

コク−がヘッドでマイナスの折り返し、ファンニステルローイがヘッドで押し込み2点目!
ラトビアGKコリンコよくやってる。けどラトビアはなかなか攻撃に移れない。

膠着状態で、両チームが選手を入れ替えてきた。
ヴェルパコフスキと…えっと…ぴきーー!
それでなくてもカタカナ苦手なワタクシ、全部の名前を書く気力はないので省略。
しかしアナってよくこれだけの複雑な名前を早口で言い分けられるもんだ。
面白い中継をする裏にはどれほどの努力の蓄積が必要なのかよプロの仕事。

ファンニステルローイに代えてマカーイ。
ああ、今日はもうファンホーイドンクもクライファートも出番はなくなった。
そのマカーイがダメ押しの3点目!!これで決まりやねーオランダ。

健闘したラトビアもここまでか、電池切れて動かずオランダにスキにさせている。
旋風を起こす、ってのはなかなか一筋縄じゃいかないもんだね。
でも「ラトビア」はこの大会で一気に有名になりました。もう国旗だって知ってますよん。

てことで3ー0でオランダ勝利!D組2位で決勝リーグ進出!!

いやー、疲れましたわ予選リーグすべての中継を生観戦。
ほとんど予想どおりというか、個人的に上がって欲しいところが上がってくれました。
ただひとつ、イタリアを除いて…(涙)
トラパットーニは辞任の意思なしだそうで。うーむ。


<準々決勝予定>

●ポルトガル×イングランド  6/24 27:30〜

●フランス×ギリシャ     6/25 27:30〜

●スウェーデン×オランダ   6/26 27:30〜

●チェコ×デンマーク     6/27 27:30〜


***

録画してたのに途中までしか見られず放置だった「シーズン・チケット」を見た。
前も思ったけどこの子、やっぱりゲ−リー・シニーズに似てるよなー。目力が。
まだ少しは幸せだった小さい頃お父さんに連れてってもらったサッカー場での『世界一の紅茶』の話、早口で何の感情も込めずに語るから、なんでかなーと思ってたら・・・そうだったのかーーーっ。
生きて行くのは辛いけど、それでもサッカーがあればなんとか幸せ。
「フィールド・オブ・ドリームス」の”野球が出来る喜び”には感情移入できなくても、サッカースタジアムに初めて足を踏み入れたときの鮮烈な喜びはすんごいわかる!
いやー、サッカーて良いもんですねー。
posted by みんと at 11:02| Comment(7) | TrackBack(1) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月20日

オランダ2ー3チェコ

ケニョ−ルさんお薦めの「八頭身モナー」ことファンホーイドンクを楽しみに
テレビにかじりついてたら、最後まで出てこんじゃったぁ。うぇーん。
前からちょっぴりおきにのクライファートも出番なし。
今あんま調子よくないのかな?次は2人を出しておくんなはれ監督はんー。
って、もしかしてオランダもマジでや�匹,押�?
圧勝と見せかけて2ー0からアレヨアレヨでまさかの逆転!って、
オランダあっけ、見てるこっちも呆気。

<追記>

オランダに追い付いたチェコの2点目が特にビューリフォーやったね。

モジリアニネドベドから
ネドベド&モジリアニ

コレル大尉のマンドリンの胸トラップ落としで
ヤンコレル&ニコラスケイジ
<投稿>atushiさん@既出

若きスピード・ジョーカーバロシュのゴール!!

うつくしい〜。

にしてもチェコって不思議なチームやなー。
日本代表と対戦したときはまあ、小手調べのようなもんだろうし、ってエクスキューズがついてたんだけど、それでもフルメンバー。EURO始まってみても決して目立つ存在ではなかったのに、いつのまに予選通過一番乗りですか。
やっぱりネドベドを中心にしたチームバランスの良さと
「枯れる・ブルックナー監督」の采配ですかね?

オランダは逆に、駒は多いけど組み合わせに問題を抱えているみたいで。
(↑ケニョ−ルさん@コメント欄より)
そういえば以前何かの大会でもクライファートが機能しなくて結局ファンニステルローイでなんとか乗り切った、みたいな記憶が…
ともあれ、オランダとドイツ、どちらかは予選敗退なわけで…わお。
どのグループも混戦に次ぐ混戦で目がはなせなーい。

で、ラトビアについて調べるの面倒でウダウダしてたらこちらさまに情報が♪
「略史」などを見るにつけ、欧州お国事情の過酷さ複雑さに驚愕。
にしてもなんてシックな国旗なんだっ世界一地味じゃないですか。
どんな思いが込められているんだろ…


●すごい!
EURO開幕戦の為だけに実際にポルトガルに飛んで帰ってこられた猛者もいらっしゃいますぞ。
写真レポートで少しでも現地の雰囲気を感じよう!


***

今、フジでナカータ見てます。このタイミングでこの特番!
ケガやスキャンダルのマイナスイメージを払拭する、というよりも、そういうまわりの喧噪など取るに足らぬこと、と、人々の思惑を突き抜けた最高級のプライドを見せつけてくれますねヤツは。
俺はこういう次元で闘ってきたしこれからも同じように闘うだけ!どこに行ってもね。モチロン楽しめることが一番大事さ!〜ってか。

日本代表に於ける自分のスタンスを相対的に分析できる頭の良さ、チームの状況を経験から俯瞰で語る賢者の風貌は、彼だけに許された言致で雄弁に繰り出される言霊と共に、ますます輝きを増しているようです。


さあ、いまからF1の佐藤琢磨だ!!3番手スタートだぜ〜わくわく♪
それが終わればEUROスペイン×ポルトガル!
わーい、台風も来てるぞ〜〜〜〜!
posted by みんと at 13:25| Comment(5) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月19日

オシリに火がついた

この時期、優勝争い当事者チームの皆様にはモテモテの広島さんです。

そうそう、
先日の鹿島戦での渋滞の原因ですが
ヨンさまサイトにて解明されてました。

そら、広島じゃけんのぅ。
コワモテチアゴ
(※写真のチアゴ兄貴@オツトメ中 と記事の内容は一切関係ございません)


その鹿島サポさんには「弱者の兵法」でアウェイの洗礼(6/14参照)を仕掛けるも、勝者のメンタリティーの前にはさほどの効果もなく2ー0…

んで、中2日で挑んだ横浜さんには「小熊を倒すのにドラゴンはいらぬ」と
1.5軍で軽くイテこまされ、これまた2ー0…

最終節の磐田さんにおかれましては「勝ち点3」はすでに既成の事実とばかりに
関心はもっぱら次節鹿島戦での前倒し優勝なるやいなやに集まり…
「目前での優勝」絶対阻止!が唯一のモチベーションの鹿島さんの意地やいかに〜
などなど、J1は見どころ満載ですか、そうですか…
ぽっつーーーん・・・そがいかーん。


そうやっ!あの人がいる!!
ウチらのことまともに相手してくれるのは一緒に上がってきた永遠のライバル、

反町さんだけだよ〜〜〜ぉ
偵察反町
この姑息さ、うさん臭さが、なぜか愛しい今日このごろ…


でもでも、サンちゃん、ごめん。今日は行けそうにないのでテレビで応援なのです。
「いままでありがとセレモニー」には参加できないけどホーム最後の闘いをシカと見届けるよってに。

我らに勝利を!!


で、未明に入ってきた衝撃的なニュース・・・・・ああう _| ̄|○



***

今日の「報道ステーション」のゲスト、村上龍がサッカーを語るとき、あいかわらずブ然とした表情のままなのでジダンをこき下ろすのかと思いきや「今、世界一じゃないですか」と暗く絶賛していたのが面白かった。

村上龍は昔からポルトガルのファンだそうで、「イングランドには勝ってほしくない」などとキャラどおりの毒もちゃんと吐く。W杯時、北海道でイングランド×アルゼンチン戦を観たらしく、「恥も外聞もなく11人で守るようなつまんない試合をしたイングランドが大嫌いになった」そうな。そう公言すると抗議のメールがバンバン来るらしいが、「サッカーだけは別格。誰もが譲れない。熱くなって当然」と。いいね。

あの『Ryu's Bar』の限り無く沈鬱な雰囲気でのハラハラトークが大好きだったので
また復活してくれないかなー、なんて。
現在の地上波にあの”間”を持って来るのが暴挙ならばCSデジタルででも。

***

イタリア1ー1スウェーデン

トッティがスタンドに彼女と。まったく悪びれず出てくるとこがトッティらしい。
素直に認めて処分決定を待ってるそうです。3試合お休みは濃厚らしいので、
グループリーグ勝ち抜けてもらわないともう姿が拝めなくなっちゃいます。

いろんなことしながら見てたので、カッサーノのゴール見逃しちまったよ。
んな感じで浅い感想しか書けませんが、うーむ、カンナバーロまで坊主ってことは、いよいよ深刻のようですね坊主シンドローム。(浅い!)

あと、ファンタジスタ・デルピエロの、GKとDF引き付けてのフェイント&ループ♪
惜しかったなー。狙いは面白かったんやけどねー。

スウェーデンは流れるような飛んでるような、名付けて『妖精(エルフ)攻撃』とでもいうか、やっぱ好きだなこのチーム。
ゴール前混戦から「その足はいったいどっち向いてるんだーっ」なイブラヒモビッチのヒール!ぎゃあ入ったよすごい!同点かぁ!!(空似は別記事で予定)

をいをい、またまた引き分けですよーーー。まじでヤバいっすイタリア。
ともあれ、両チーム美形だらけでピッチはまるで映画『トロイ』を見てるようだし、
スタンドでは『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジョニデ風が応援してるはで、
とっても楽しい観戦だったのでした。(浅すぎ)
posted by みんと at 07:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月18日

EUROです

EURO2004
ありあわせの付け焼き刃。なんか雰囲気だけでも(~_~;)

いつも夜中に更新するタイプなので、この時期、朝までEURO見てサウスパーク見てたら全然更新するヒマなし。
しかもここんとこ映画のレイトショー行ったり、またまた結婚パーティーがあったり、サッカー観戦したりディナーしたり、連チャンで遊んでたからHPは放置ぎみ。
空似もいっぱい溜まっております忘れたわけではないっすよー、いやすみません。
あと、メールの返事もなかなかできてませんで申し訳なかです。
1日にひとつのことしかできひんので、徐々にやっていく所存でござりまふ〜。
へこへこ。

で、スカパーなしの欧州オンチには見どころの焦点が絞りにくいので、
こちらさまの勝敗予想や注目選手を参考に、もっぱらイケメンちぇっくの毎日です。

で、今日はBグループ。
「愛と妄想のフランス代表選手名鑑」の出番です。
「公称身長183cmはかなり怪しい」とか「たまに尻を見せることも」とか、
知らない人が見たらバルテズ好きとは気付かないトリビアな情報がいっぱい。
「宮崎アニメの悪役の一人に似ている」というシルベストル…なんかこの人、
毎試合ファウルでPKざた起こしてないっすか。
「11人いる!」のヌーって思いだせない…どっちにしても萩尾望都顔なのだなビエラ。

いまから始まるイングランドースイス戦にいきなり役立つ「おまけ」もあるよ。
どちらかというとこちらの投げやり毒吐き名鑑が好きです。ふはは

ルーニ−の「ゴール後の股間に注目」ってどんなんだろ。
2点めはバク転やってたけど、よくわかりません。気になる〜。
スイスのGKスティール渋すぎ〜!
ゴールを許してしまって手で顔を覆う無念の様が絵になっててカッコエエー。
なんか味のあるベテラン役者みたいだ。
でもイングランドに3ー0で完敗。

試合の合間には「サウスパーク」だ。これが見たくて起きてるのもある。
俳優から監督から政治家から団体まで、有名人の実名出しまくり、揶揄しまくりで、訴訟問題にならないのが不思議だが、これを参考にアメリカ裏事情を知るのもオツ。

で、つづくフランスークロアチア戦。
なんと、フランスみごとに坊主率100%!!
ジダンがこの試合からいさぎよくなってますね。ベッカム並みに剃ってきました。
どうやらここ最近の坊主流行りはジダンにとって福音だったようです。
引きショットで探す時「うすら黒い輪っか」なはずの頭部が妙に白いので変なかんじ。
てか、他のメンバー、遠目だと全員同じ容姿で見分けがつきませんて。

そんでジダン、すんごい良く笑ってます。ほんとにこの大会では調子良さそうだ。
苦悩の表情が涙をさそったW杯を思うと、今回はぜひとも優勝してほしいぞ!なんて。
にくいプレイ、驚きのプレイ、真のファンタジスタとはこのことかジッダーン。

相手PKになったとき、バルテズの頭、じゃなく目がキラリと光ったのは気のせいか。
2匹目のドジョウは逃したものの、読みはドンピシャだったねバルテズ!
これ止めてたらバルテズ祭りだったのになー、いやっはー、楽しい。
とか言ってたらデザイーがクリアー空振りで逆転弾決められた〜〜。
やばいよやばいよ、このままじゃ…

ラパイッチ、オジサンぽくなったなー。
やったっ同点!!でもトレゼゲ、ありゃ完全にハンドだね。
ピレスが入って、やっと髪の毛がちゃんとあるフランス人がピッチに(笑)。
ジダンが持つと最後の最後で何かやってくれそうなんだけどなー。
ごわーーー。引き分けかぁぁぁ。クロアチアがんばったなー。
やー、面白い試合でした。でもフランス引き分けは痛いぞー!
もー、どこが勝ち上がるも何も、今の段階ではわからなくなりました。


さて、こちらのbbsで見つけたEURO占いってやつをやったんですけど。

「みんとさんはトルコ破ってきたんだぜ@ラトビアの応援ヨロシク!」
って、ええーーー (~_~;) よう知らんしラトビア。
これを機に興味を持ってみるかラトビア。
そもそも、地球上のどこらあたりの国なのだラトビア。
あ、トルコ破ったってからには東欧か。ほー、ロシアの西端なんですね。

「みんとさんのラッキープレイスは、押し入れの中です!」
って、ええーーーーー(~_~;)やだよ押し入れ。ホラー映画っぽいよ。
ささやななえの心底コワイ漫画とか思いだすよ。
そういえば『仄暗い水の底から』とかの邦画は詰めが甘いね。
オチのゾ〜〜〜っと感がイマイチで、もったいない。
ああ〜〜っそうだったのか〜〜〜〜ぁ!!って言わせる監督といえば
やっぱシャマランだね。ホラーじゃないやん。
3作目『サイン』以降は失速なので、がんばって面白い映画創って欲しいよ。
今どうしてるんだろ…

で、ラトビアですよ。占いで急に親近感持つ単純さが売りのみんとはんなので
チェコ戦で先制したときは、オワ−!こりゃ第ニのトルコか!?セネガルか!?
この大会で一気にブレイクかーーー!?
なーんて勝手に盛り上がってたんだけど、やはり試合巧者チェコ、破綻なしでした。

あー、明日はイタリア−スウェーデンですよ。
このまえのラーション、身を投げ出して、まさしく「ダイビング」って感じでしたな。
イタリアもいいけど、スウェーデン、けっこう応援しちゃうかも〜。

ええーーーーっ

以前もベッカムがアルバイに、っちゅう事件があったけど、そんときは
「まさかりっぱな大人がそんなことするわけないじゃん爺子じゃあるまいし。きっとハズミでしょ」ぐらいにしか思っていなかったのだが。
いやはや今回はコレ見るかぎり確信犯ですねー。
なんやガッカリ…


で、ポルトガルからの特派員報告も見れるUGタンとこでも話題になってるこれですが。

いまの迷走する韓国代表を見るかぎり、今更なネタというか、あの大会はむしろ審判買●疑惑のニガニガしい記憶というか…どうせならそっち方面での揶揄に使ったほうがオサレというか…
つまり、使い方間違ってるよ、デンマークの人達!

しかし先日の名古屋の弾幕といい、最近こういうのばっかですねー。
何で批難される前に自分で気がつかないんだろ…まわりの人も注意してあげようよー。
posted by みんと at 12:51| Comment(9) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月10日

日本代表7ー0インド代表

※↓下の記事にフォト観戦記復元しました。

***

久保っち
「ファンタジスタ」のさらに上をいく「スペクタクリスタ」だ。byわくみん

ちなみに

 ファンタジスタ 【(イタリア) fantasista】
  〔多才な芸人・アドリブの上手な芸人の意〕
  卓越した技術をもち,華やかなプレーで観客を魅了する
  サッカー選手をさす言葉。

        三省堂提供「デイリー 新語辞典」より


 スペクタクリスタ:【(わくみん造語)spectaclista】
  (人見知り・インタビュー下手な純粋原人の意)
  人間技とは思えない技術を持ち,驚きのスペクタクルで観客を魅了する
  華麗なる超人をさす言葉。



「スペクタクリスタ スペクタクリスタ スペクタクリスタ」

3回言えたあなたはもうスペクタクリスタ久保っちのトリコ。


しかしなんぼ人口多いっちゅうたって、12万人入るスタジアムて!
次、アウェイはコワイよなー。それでなくても灼熱地獄なのにさ。
そんでシタールとかインド楽器ガンガンに奏でて応援なんだろうか…
そんだけ集れば入退場時の混雑やトイレひとつにしたって大変だよ。
だいたい12万人の観客が怒って興奮したらどうなっちゃうんだろ。
それともみんながみんな悟りを開いているから大丈夫なのか…
インドってとにかく謎が多くて面白いなー。
ハマるひとはとことんハマるらしいけど私はぜったい暮らしていけんと思う。
まずガンジスがだめ。水質汚染されてそうでしょ〜
って、そんなやつぁインドのほうからお断りですかそうですか。

とはいえ6万人だって充分すごいよね埼スタの話ね。
ピッチに近くていい感じだなー。


<久保っちスペクタクル以外のネタ>

・ジーコ逆ねこだましに遭う(練習時間を費やした出合い頭作戦はまんまと失敗)

スンスケおみごと!(FKさえ決めればとりあえずファンタジスタの座は安泰)
「(中田英が)戻ってきたら? FWに追いやるぐらいの気持ちでやる」上等!

・そのヒデがVIPルームに現れたとき「誰、窪塚!?」って一瞬思ったのは私だけ?
(ところで関係ないんですけどだいじょぶなんですかねー窪塚クンはいったい…)

・玉ちゃん代表得点ノガス(記録はたかうきの腰ゴール)
(どうも笑顔にやられたらしく玉ちゃんびいきで見てしまうこの頃)

・キャプテンマークを譲りあう正しい日本人(小野→福西→俊輔→藤田)

あとはわすれた・・・


ただモウレツに回復を祈るばかり。

***

さて、アテネの組み合わせが決定しましたね!
イタリア、パラグアイ、ガーナって、強豪ばっか〜〜〜!!
まあどことあたってもそう思うんやろけどね。

女子はスウェーデンとナイジェリアだそうです。

個人的には男子イケメン軍団イタリアとの対決が楽しみ〜♪
「オーバーエージ? もちろん使う。トッティ、デルピエロ、バッジョだって可能性はあるさ」
ひィィイーーー♪とかはオイトイテ。

そう!アテネが楽しくなるもならんも、すべては
コレにかかってるんざますドキドキ。

あー、どこのチームのサポさんも同じ気持ちだろうなーこの時期。

願いを込めてこちらでも見ててくだはい。


思い出すのは2002W杯の久保ショック。広島中が陰鬱と脱力に被われたあの春。
今回はたとえ最悪の結果でもがっかりしない腹づもりを。
そして短期限定ナショナリズム発動でアテネをめいっぱい楽しもう…

そういえば以前から「現在国内で最もバランスの取れた左サイド」として服部公太をかってくれている武藤さんアテネOA枠は公太で!って押してくれてます。
こういう声があちこちで挙がって、いよいよ公太さんの時代が来るんだね。
そうだね。

なんつーか、インディーズでじわじわ火がついて評判になって、それに目をつけた敏腕プロデューサーが「うちでCD出してみない?」でメジャーデビューしたらいきなりブレイク!みたいなのん狙ってます。(←わけわかめ)
てか、そもそも敏腕プロデューサーがいなくて苦労してるんだった。

とりあえずみなさま、今後も服部公太を熱く注目していてくだされ。
アテネOAとはいわずとも、いづれ絶対A代表に呼ばれるオトコですきゃら。
(できれば爺子以外のときに)

***

さて、あのアーセナルのベンゲルがサカツクのオバカCMに出る時代。
ナカータがコークのCMでまたまたキレキレなとこ見せつけてくれてますね。

森崎兄弟もそろそろ『洋服の青山』CM第2弾が出てきてもいい頃なんだけどな〜
とヤキモキしてたら『デオデオ』のTVスポットに出てたよツインズ!
(またまたベタにユニ姿…涙)
この調子でサンフレッチェのオフィシャルスポンサー総なめといきやしょう。
となるとお次は是非、格調高く『MAZDA』のRX-8とかどうでしょ。
ヒデのCMくらいカッコ良くスーツ&カジュアルで決めて…(SHY〜ないなたぶん)
posted by みんと at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月02日

イングランド代表1ー1日本代表

観客を入れるとこうなります。
って感じでアイスランド戦とはうってかわった満杯スタジアム。
あのズラーと空いてる最前2列はもったいなくない?ダメなの座っちゃぁ?
イングランド先発はベストメンバだ!ひと桁背番号ズラリは嬉しいね。

先発は今日もクボ玉ですと!?
これはもう彼等をFWのディフォルトと決めたということなの?爺子!
ケガはどうなんだクボっち…予選本番で悪化〜なんてのんのんだよぉ。
坪井いいねー。いい職人だ!中澤も今日はいいかんじ。
あと気になるのが加地。FC東京にはいい選手がいっぱい居るんだなー。

みんな相手がどこだろうと全然関係なさそうな落ち着きぶりだ。
楢崎の跳ね返りを逃さないオーウェン。よかったね、青山。
あ、今日のスポンサーに「洋服の青山」は入ってないのか、惜しいね。

おおっ ベッカムのキープにクボっちがクボっちがプレスにいく〜!
ほわ〜っはっはっは(楽しすぎて悶絶)
スタジアムの観客も楽しそう。
イングランド人の額はみんなM字型なんだ!まーちがいない。
あっちのサッカーファンの子供達って、なんであんなにかわいいんだろ。

玉ちゃんの笑顔にやられた英国人記者、きっと多数。

ルーニーと小野っちのおっかけっこ。互角だ負けてないぞ。わくわく。

三都主がキィィィプやりだすと「次取られる」選択肢しか思い浮かばない。
そう!そうそうワンタッチワンタッチだよーーーーーっ
ベッカムの裏を抜くスンスケ→三都主→小野っち→ゴーーール!!
よっしゃーっ!すばらしい形だ!美しい。
同点。これでイングランドも本気にならざるを得ない。

うぇーん。クボっち引っ込んだー(泣)玉ちゃんも。
くやしいけど、お疲れチャン。
ナビスコどうすんだろ。できればインド戦までに足治して欲しいけどなー。

交代に出て来たヤナギが一瞬、浩司(森崎のほう)に見えて喜んだのは
ちまたで流行りの『浩司熱』のせいか?相当や�匹,い任垢�だいじに自分。
じれてウェーブはじめるイングランドサポ。でもやっぱり楽しそう。

プレイより首のタトゥーが気になってるうちにとうとうベッカムも交代…。
当初は前半だけの予定だったらしいからむしろいっぱい見れて喜ぶべきか。
日本代表の思わぬ健闘のおかげで頑張らざるを得なくなったのかちら。
やけにつらそうな表情…さっき倒されたときどっか痛めたのか。
それとも「日本にこんな苦戦するようではEUROはどうなることか」って憤りか?

スンスケ、FK決めたかったろうなー。
チームでの立場が苦しい分、ここでの活躍は救いになるもの。
「飛び抜けて目立つようじゃなきゃイヤだ」の持論を体現するにはこれっきゃない!
っていう絶好のシチュエーション。
わざわざ譲るような演技をして小野っちがオトリになったまでは完璧だったんだけどねー…
スンスケの場合、いくら良いアシストとかしてもCKやFKが決まらない限り
「不調」のイメージは払拭できないんだろうな。

イングランドベンチに引っ込んだ選手達が映る。
ベッカム、オーウェン、ルーニー、スコールズ、・・・
豪華だ…でもなんでこう世界的に坊主だらけなんだ。
人類が進化すると、髪の毛は無駄になってくるのだろうか。
究極の機能美が坊主ということなのか。

にしてもベッカムの苦しそうな様子が妙に気にかかる。
体調不良?それとも自分のプレイが不本意で悔しがってただけか?

ロスタイム2分。
わ...足首がぐにゃりて!イナただごとじゃない痛がりよう...心配。

1分でもいいからベッカムと同じピッチを踏みたかったウズウズ組がベンチに多数。
交代で入るのは福西か。
そいや小笠原は?そんでもって茶野は?…ってるうちに試合終了。早かったー。
わーお、イングランドに引き分け!
出来がどうとか勝たなきゃ意味がないとか今後がどうとかは置いといて
今日は単純に楽しかったー。やっぱ生放送はエエですなー。

小野と福西と握手するベッカムに気が付かないのか素通りのスンスケ。
ユニ交換はしないのかな…とか思って見てたら

のーーーーお!!

爺子のインタビューは声だけでいいから。顔のアップはいらんから。
選手同志の交流をもっとたっぷり映してくれよー!えーん。

小野キャプテン頼もしいね。
常にニュートラルな明るさは海外で緊張する仲間達にもリラックス効果大だ。
なんかもう誰がいないとダメ、ってことはないねこのチーム。
(誰が監督でも関係ないとも言う)
とにかく見てて楽しいチームになってきた。それが一番。
・・・にしても心配だなーイナ…インド戦は無理そうだ。

***

ここんとこ毎日のようにビッグマッチが立て込んでて
うかうかしてると見逃しそうなので自分メモ。
明日はこれだ!

●6/3AM.930〜2006W杯南米予選
ブラジル×アルゼンチン(J SPORTS2にて生放送)
アイマールは出るよね?
大好きなロナウジーニョはケガで欠場らしく残念。
レアルと揉め揉め中のロベカルにはウサばらしにドカーンと1発を期待。


※U-23マリ戦についてはまたのちほど。

***

さて6月は、心身ともにコロモガエの季節ですね。
ってことはアレですか 中島浩司ファン対決はFriskさんの不戦勝でつか。

(と、一部で誤解してみるテスト)

”彼の良さを説明するのはヘナギ君の良さを説明しろってのと同じくらい難しい”
というのはまさに中島浩司まるごとファンならではの解説。
もはや一般人の理解など超えた領域ということか…
うーん、見たい、じっくり見たくなったぞー。浩司ダービー。
めざせ〜2nd開幕臨海パルテノン!まずは資金だTOTO「一等」を当てねば。

※犬掴トップJOMO読み込み前の日替わり文言の確認にいつも2回はリロードだよ。

***

ところで。
バカデカイ「あなご天丼」にも、清水市民がふつうに食べてる「イルカ肉料理」にもびっくりですが、それより何より

カメの頭を喰らふ なんざヘッチャラなこちら様の イラスト

笑ってますから〜ぁ!カメの頭、こっち見てますから〜ぁ Σ(||゜Д゜)ヒィィィィ

そんなぽけ様の2004/5/25の日記に補足レクチャーがあったよ!

<わくみんさま>
牛タンアイスは、ラクトアイスの中に切り刻まれた牛タンが入っているんですよ。
J1系では同様に名古屋の手羽先アイスがありました。


きゃー、食べてみた〜ぁ・・・くないよぉ。
単独なら旨いものをなぜにわざわざアイスに入れるかっ。
とか言ってたら、いまテレビで「サボテンアイス」だの「もずくアイス」だのの見本市やるとかなんとか宣伝してたよ。

そのうちぜったいどっかが出すな。「イルカ肉アイス」とか「パル肉アイス」とか。

ちなみにサンコウチョウ肉入りの ジュビロ君ラーメン(とんしお味)てのもあったんですね。



さらに2004/5/26の日記にはこんな呟きが!

U-23
森崎和幸が選出されなかったのは双子で見分けがつかないのを良いことに前半と後半入れ替えて使う作戦(前半浩司、後半7番ユニを来た和幸を投入)に違いないと踏んでいたのだが!トルコの人に見分けがつくとは思えん。うーん、見た感じ前半も後半も浩司のようだったな...(多分)。


おお、さすが浩司好きさん。ちゃんと見分けてらっさいますね。(そっちかい)
たしかに”森崎初心者”のトルコ人には見分けはつかんかもしれん…。
てか、みんながどのくらいの確率で見分けてるのかむしろそっちが知りたい。
ちなみに見分け方としては、すでにポピュラーな

1)頭が尖ってるほうが弟
2)オンナにモテるほうが弟

の他に

3)『睫毛乙女指数』の低いほうが弟 (「568ロジック」様より)

という法則もあります。
これはアイリス(網膜)サーチによる識別くらい確実なのでお薦め。

***

<おまけ>ことわざ教室

[絵に描いた餅]

絵(画)――に描(か)いた餅(もち)
役に立たないたとえ。計画などが実現する可能性のないこと。画餅(がべい)。

●使用例
なーんだ、あの記事は韓国サイドの「メツ造」だったのか。(情報元はこちら
一連の有名監督オファー話は最初からまるで絵に描いた餅だなー。

posted by みんと at 13:21| Comment(0) | TrackBack(1) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月27日

U-23日本1ー1トルコ選抜

アテネに行こうJ!

<訂正>
「寝た青田さんをも起こす」南効果!とか言ってたら
こちらに[声明]が・・・っ

”切腹倶楽部更新最下位もとい再開は、ビッグアーチ事件の約12時間前です。”

すいませんそうだったんですね。すごいなー、ナマズ並みの予知能力…(ちがう)


***

で、柏戦の空似観戦記書こうと思ったら、今日はU-23ですよ。
 ※そうだ深夜にはチャンピオンリーグの決勝もあるじゃあないれすか!
 ●モナコ×ポルト 3:30〜フジ系
 

で、「トルコ選抜」ってのは、A代表未満、U-23以上、って感じなんですね。

『今日の見どころ』って、おーおーtbsはまたベタな番組の作りかたするなー。
ながーい時間とって、闘莉王と大久保がそ〜んなに好きかい。
ここ何試合か実際に試合に出て活躍した選手をほっぽらかしてよう。
いろんな可能性を秘めた五輪世代くらいは、平等に紹介のチャンスあげてよね。
その種の意図的なアプローチにはほんのこつ辟易たい。ぶんすか。

わ。ピッチ解説たっきゅん♪
浩司先発!!阿部ちゃんと肩組んでストレッチしてるよーかわいいな。
入場ゲート内の映像とか大好き。
まえアルゼンチン来たときに、アイマールに後ろから抱きついてちょっかい出してる「アイマール大好きオーラ」のでっかい選手とか、いろいろ人間関係が垣間見れておもしろいんだよね。
阿部ちゃんが浩司の背中チョンとつついて。FKの打ち合わせでもしてるのかい。

GKは黒河クンかぁ。がんばってや!
しっかり守リ抜いていじめてくんにオーバーエイジ無しでOKだってとこ見せてやっちくりよ!昨日、腰の手術したタクトの為にもなー…(;´д⊂)

松井クン、ふとった?なんかいっそう眠そうな目なうえに二重アゴ…
ここんとこパッとしたパフォーマンスないからなー。ホント今日は正念場だぁねぇ。
15人に残るためのサバイバルやから、親善マッチとて迫力ありそうですぞ。

***
つづき

キックオフ。
おー、トルコすごいプレス!かなり激しいけどでもフェアだから気持ちいい。
コージから大きく高松へ!DFには競り勝ったが惜しい。やっぱ高さがあるFWはいいな。
たっきゅん、それ「コマノ」やのうて「コンノ」やて。コマノまだ出てへんし。
闘莉王ロングフィードの功罪・・・
モニーのプレイはなんかいいなー胸が熱くなるね。

大久保、相手の足ひっかけてさらに足引いたな。ばっちり映ってたよあくどい。
10番が本気で怒るの無理ない。その10番が今度はコージをひっかけて倒してしまい、なんとオデコとオデコくっつけてゴメンて!恋人じゃないんだからさ〜(笑)コージのことは好きなんやねチョンマゲ君(爆)コージ苦笑い。審判ウケテルみんな笑ってる。ルールルルルッル〜♪今日〜もいい天気〜ぃ♪コージは世界的にも愛されキャラだねぇ〜。

阿部ちゃんのFKはやっぱりすごい。ここぞ!というときにちゃんと魅せるもんなー。
FK右なら阿部ちゃん、左ならコージ!ってなるように早く信頼勝ち取りたい!

ぶわーっ失点シーンのあとコージをアップにするのはやめてけれ〜。
ディフェンスについてたのは那須ちゃんですきゃら〜。(あれはしかたないよ)

***

あー、駒ちゃん入ってから俄然面白くなるんですけど、書きかけのとこでチャンピオンリーグ始まっちゃったもんで、続きはまたあとで〜。

<欧州CL:FCポルト3−0モナコ>

ひゃーっ今年は水色と白でしたねー!紙吹雪!!
デコっておもしろい。顔が。
モリエンテスは不発でしたねー残念。
W杯のときから美しかったポルトGKバイアはやっぱり華があるなー。
そのへん自覚してるのか、カメラの撮られかた心得てるし。

優勝決まったというのにポルトの監督の目が異様にすわってたのは、
そしてハシャグ選手達を尻目に早々にメダルを自分の首からもぎ取ったのは、
チームとの決別が決まってるからなんですって?いったい何が…
イヤがってるのに追っかけてまでしつこく頭からハイネケン?をかけ続ける悪ノリ選手に本気でキレてつかみかかるオーナー風のハゲた人とか、
ネットで空似写真集めながら見てたんですけど、いろいろ楽しめました。

って、ここまで書いてついに寝てしまった。

で、起きたらもう出発の時間とっくに過ぎてたー。
全〜部、中途半端なままだけど、もうすぐ出かけなきゃー!

***

てことで今日からまた2〜3日、実家でPCなしになりまつ。
メールやコメントへのレスとかは帰ってからになりますすいませんペコリィ。

posted by みんと at 01:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月19日

サバイバル

たいへんです。もう時間がない〜。いや、音楽の話ですが。
このままでは輸入音楽CDが買えなくなるかも〜?
てことでこちらで海外版輸入禁止に反対する署名を行ってます。
締めきりは5/24必着だけどまだ間に合うよ!
広島でも署名を集めてるお店があるので、CD買いに行きがてら覗いてみよう!
情報提供はこちら

***

はろ〜、ジェフ千葉!
>挨拶
みんとですこんばんは。(僕秩風)

さて、先日のFC東京戦。

「あれは『分身の術作戦』だよ」

が、なぜ『原語録』に入ってないんだ?(広島の隠れぱらぴろみファンの声)

わくみん的『ぱらぴろみ語録』顔付き。(HFより都合のいいとこだけ抜粋)
 「ブーイングされてしまった。( ´・з・`)」
 「広島は堅い。彼らから大量得点するのは難しい。( ̄ヘ ̄;)」
 「やり方がはっきりしているし、明快。( `・ω・´) シャキーン」
 「小野監督らしい、と思う。(σ´∀`)σ」
 「広島はいい状態にある。(=゜ω゜)ノ ---===≡≡≡ 卍」
 「J2で成長して戻ってきたのではないか。-=≡卍\(`・ω・´)ピタァ!」
 「もっといいチームになると思う。d (=゜ω゜=)ニャ- 」

ぎゃー、もっと言ってー。
(試合後は相手チームのサイトまわると自虐的にこちらチームのいいとこ言ってくれててプチ気持ちよくなれるから好き)

敵将に言われて今更ながら小野ちんのスタンス、
”コンセプトを長期的かつ俯瞰で持つ”ことの意味がわかった気が。
目先の結果で右往左往しないってのも、貫徹すれば確固たる強味に成り得るんだね。


そんなこんなでU-23いじめてくんの見守る中、五輪オーディションはどうなったー!?石川、今野への評価は高いようですが…

広島の五輪組にはこの評価_| ̄|○
でも、駒野 U―23復帰猛アピール
駒野 代表復帰へ手応え
駒野の五輪復帰確実

てことで、

駒ちゃん入ったーーーー!!

いや、うれしいよ。
うれしいけどでも内心ちょっと複雑…だってまだ完全じゃないよぉ。
変な使われ方して調子崩されても…とか、無理してまたケガされても…とか、
そもそも呼んだだけで使わないんじゃあ…とか。
そしてやっぱりカズの名前がない…(つД`)
あれほど「双子はセット販売となっております」って言ったじゃん〜。
まあ、いじめてくんの戦術にあてはまらないだけなので、しかたない。
それにチームの状況考えるとカズにはサンフのファンタジスタとして邁進してもらいたいし…ああ、でもどんな境遇に立たされても本人達はもっと大人で、
ちゃ〜ぁんとセルフコントロールして頑張るんだろーなー。
アテネ本番にはどうなってるのかなー。

って、五輪もいいけどさ、リーグだっていいかげんサバイバルですよアータ!
なんせ最下位とは勝ち点4しか違わぬという「じつはまだまだぎりぎり」っぷり。
そんな柏サポのみなさんは次節広島戦を再起の足掛かりとばかりに

『いくらなんでもサンフになら勝てるだろ┐(´ー`)┌ 』

モードでいらっさるよっかーん(~_~;)ちぇー。(被害妄想)
この、広島につきまとう”ひ弱”なイメージを払拭する良いアイデア、いわゆる
浦和とは逆の外連(けれん=はったり)味ありありな秘策はないものか。

おっと、そういうネタならこちらにおまかせだね。(そうなのか)

( ̄□ ̄;)イルカの日干し!しかもなぜ『考える人』が!
…ほらやっぱり期待どおりのネタの宝庫だ。
ちなみに昔の画像がウチのストック倉庫にあったので出してみる(意味無し)
パルちゃんラーメン
今もあるのかなーパル肉入りラーメン。

がははガットーゾ!!その番組(5/16参照)私も見たよ。

ふむふむ。濁点かぁ。

ガナハッ!(我那覇)、バンドッ!(幡戸)、

ゾダ〜ン!(曽田)、ボボグボ!(大久保)・・・etc.

おおっ
たしかに濁点から始まる名前ってコワーイトラウマ倍増イメージだよ。
ならばチアゴもいっそ チ”ア”コ”とかにしたらどうだ。
コワモテチアゴ
わしゃー、チ”ア”コ”いうもんじゃが、何か文句あるかのぉー(▼▼〆)。


広島の街になじんで一気に威圧感アップだ。
あ、でも柏戦はお休みじゃけん。
てことで他のみんなでもやってみよう。

ばっどり、ごーじ、がず、ごまの、 り”、ザンバイオ… 

う〜ん、なんか剣山で背中ゴリゴリされるような
語感というより五感に訴えるや〜な感じ。
そんな狙いだったっけか。

とかいってたら。
さっそくサテのだがやなぎが!?

「高柳が相手選手に鉄拳を喰らわせて退場」

Σ(゜Д゜;シャイニング林に続くファイター誕生ですか。「虎の穴」かよ広島!
いや、いいよいいよ、それだよ!そのイメージ。

ところが、そのシャイニング林がなんと腰痛ですってよ可哀相に五輪ピーンチ!
いちおう今回は代表に選ばれたものの…

U―23日本代表 GKに不安

つまらん!んなU-23なんか、つまらん!!
posted by みんと at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月14日

JOMOってなんじょも?

\●
 ■ゝ
< \しゃりーん。今年の流行語大賞は「一日一オシム」に決定だね♪
イチオシ大
プロデュースbyイヌゲノム
※5/13参照:今週の「モーニング」は必見!
ジェフがモデルのサッカー漫画「U-31」でFriskさんとの「一オシ」協賛企画が!!



てことでこれが【2004JOMOオールスターサッカー】メインビジュアルだ!!
良く見りゃちっちゃい人がオーバーヘッドしてる〜W
てか、雪山で遭難してるようにしか…(~_~;)

そうか新潟ビッグスワンであるんだった!これみていまさら認識。
(白鳥でしたねマスコット。アルビだからアヒルだと無意識に…汗)
そりゃ盛り上がるよなー新潟。直前になったらますますヤバいよヤバいよ。
とか言ってたら〜 

ぎゃっ オシムがあぶなーーーーい!

予想どおりとはいえ、反町さんがその差2000にまで迫ってきてます。
うわっGK部門なんていつのまにか野沢が逆転一位だよっ!!
新潟さんの組織力恐るべし!
ここで反町さんに逆転されたらモトモコモナイっす。
ぜひぜひみなさんのご協力でオシムをオールスターに!!

そしてWESTはもちろんサンフレッチェによろしくです!

森崎ツインズはMF部門で上位5人出場ラインですが、油断できません。
じわじわじわじわモヒカン・ヤットが追い掛けてくる〜ぅ。
6位との差を少しでも離して安全圏にしておきたいところ。

服部公太はんはDF部門で17位→16位→17位→15位
と最近一気に伸びを見せております。Jでの活躍が認められたのか。

J屈指の実力を持ちながら、華やかなスポットライトとは無縁ぽい公太。
ああ、一度は見たいぜオールスターでの公太。そしていつかは代表に!!
今年はこのまま最後の追い込みで少しでも順位をあげられればなーと。

てことでここからが正念場!
締め切りの6/5まで、一日5サンフ&5オシムを、よろしくです〜!
FAX、ハガキでの投稿もありまつ。かなり効果的。
posted by みんと at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月13日

どっちの弁当ショー1

さてさて、もっぱらホーム観戦専門のわたくしですが。
食い物につられて思わず遠征を決意したくなるような情報を集めてみました。


ジェフ

いつもお世話になってる「犬を掴むような話。」のJennyさんからの情報

「市原にはオシム弁当っていうのがありますよ。
オシム行きつけの店のメニューが入っているらしく、
限定20食で、中身により800円〜1000円。
まだ見たことない。」


おおっ世のオシミストにはたまらない”幻の逸品”というワケですね!
何料理屋さんに”行きつけ”てらっさるんでしょオシムさん。
案外コンビニとかだったら泣きます。
限定20食ってとこがまたマニア心を刺激する戦略。
で、いろいろ調べてたら、ありました!画像
ひらがなで『おしむ弁当』なのね。お味も上品そうです。

しかし監督の名前が冠につくとは!さすが人気NO.1のカリスマ監督ですね。
他の監督ではこうはいきません。

広島 「小野弁当」…堅そう。味薄そう。
新潟 「反町弁当」…辛口そう。
G大阪 「西野弁当」…苦みばしってそう。
FC東京「原ヒロミ弁当」…甘ったるそう。
鹿島 「セレーゾ弁当」…きのことピーチが入ってそう。
横浜FM「オカちゃん弁当」…ストイックに日の丸弁当そう。
代表 「ジーコ弁当」…メニューが片寄ってそう。味付けもいいかげんそう。

あ、これいいなぁ「ジェフ デリシャス ケーキ」700円
兄の「ジェフィ(JEFFY)」、弟の「ユニティ(UNITY)」の焼印つき。
しかも市原のシールが3枚もおまけに!!きゃぴー。
広島に遠征に来られる際のおみやげはこれで。(誰とはなくアピール)

と思ったら、こんなのも見つけた!ジェフ弁@大宮新聞
ジェフコロッケかわいい♪でも一個でお腹いっぱいになりそうだな。

あと犬掴様bbsに度々登場して密かに気になってた市原臨海競技場の
(※リンク2こほどインド風音声付きですキャッ気を付けて〜!)
ホーム側でしか食べられないという『サマナラ』のナン付きカレーですが。
「職人が目の前で焼いてくれる。」っていうのがすごいなー。
会場に焼き釜持ち込んでターバン巻いたシェフがペタンと焼き釜の内壁に叩き付けて、ホイッと焼き立てにバターとかガーリックつけてほくほく・・・うひー!
自家製ナン職人の某氏もゴクリなスタジアムメニューですね!
食べたいアウェイ・ビジターはホームのチケットも買え、というフロントの策略。


サンフレッチェ広島

2002前半『七人の侍弁当』¥800  サンフ7戦士の好物を集めた幕の内
2002後半『必勝祈願VGOAL弁当』¥800  ふつうの幕の内
2003  『ぶっちぎり弁当』¥800 ただの串焼き弁当

J2ぶっちぎり!を願った「ぶっちぎり弁当」だけはなぜか食べてないなー。
”串焼き”ってなに?焼き鳥?バーベキュー?

あとファミマの企画で去年店頭に並んだ『サンフレッチェ弁当』¥380
ファミマ弁当棚

それと『サンフレッチェむすび』¥290
ファミマ弁当棚2

店内のアイ・キャッチャーもホレこのとおり、レジ横にぬかりなし
弁当アイキャッチャー

でもお店の近所にはサンフのファンなんて私以外いなさそうだし(涙)
売れ行き悪くて出荷打ち切りになるのだけが怖くてせっせと買い占めてたさ、
も〜食べれないよぉ〜太ったのはこいつのせいだ、俺の青春を返せ〜くらいな
ケナゲな努力にもかかわらず、店内から紫色はあっさりフェイドアウト・・・
まあね。中味の割には値段がアレだし…。しゃーないや(涙)
とか思ってたら最近同じ弁当がふつうのファミマ弁当として再デビューしてたっ!
(・・・たぶん買わにゃい)

さて、今年のスタジアム弁当はツインズをフィーチャーしたパッケージの
『ぶち美味弁当』 ¥600 ※ぶちうま(広島弁:すんごいおいしいの意)
ぶち美味弁当箱
いままでのは全部800円だったのに一気に600円と、かなりリーズナブル!

中味はこんなかんじ。
ぶち美味弁当中味
以前のメニューから牛肉系がなくなったもののコストパフォーマンスいいです。

そしてスタジアムで売ってる広島のお菓子といえば
にしき堂の「もみじ饅頭」のサカーボール版!
にしき堂のサカーボール
そういえばこれ、買ったままでまだ開けてない…カビはえてたらどうしよう…
こんなパッケージのもあるみたいです。

あ、全チームのお菓子を紹介したJリーグ缶缶っていうのがあったよ!
パッケージがそれぞれかわいい!でも中味はだいたい普通のサブレなんですね。
そんな中ではサッカーボール型のもみじ饅頭なんてユニークでいいかも〜。


浦和レッズ

くだんの「懐石弁当―外連味(けれんみ)なく」のメニューの詳細が判明!


  鹿島   れんこん
  市原   ふぐの一夜干し
  柏    柏餅
  FC東京  わかさぎの佃煮
  東京V   そばの実しんじょう
  横浜   しゅうまい
  新潟    ちまき
  清水    いちごのバター重ね
  磐田    うなぎのナスしのだ巻き
  名古屋  鳥みそ焼き
  G大阪   押し寿司
  C大阪   ミニくしカツ
  神戸   牛肉巻き
  広島   一口ギョーザ
  大分   鴨の肉詰め
  ご飯    赤飯    

って、なんでやっ!

なんで広島がギョーザなんやーーー!(泣)

てか市原ってふぐが名物なのか!?
posted by みんと at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月12日

ツッコミおせえよ

いまさらですが。
人様のサイトに次々とケチをつけるコーナー。(ぱくり)

■05/08付 犬を掴むような話(Jennyさん)

釣レターー♪

って喜ぼうと思ってたら…
中島浩司タンが白馬に乗って助けにきてくれる日を2階の窓辺ではかなげに待つ
歌を忘れたカナリアことJennyさんが今、妙に「おとなしい」らしい。

これってチャンス!?(何のだ)

>ゴリラ99ってタイトルじゃなかったみたい、ごめんなさい。
>「グループ魂」ってバンドの「ゴリラを憐れむ歌」を言いたかった。

しかもほんとのほんとは「カヲルとティータイム(ゴリラを憐れむ歌)」が正しいらしい。(爆)
着メロもあるのね(驚)「竹内力」は聞いてみたい逸品。
かく言う私もタイトル覚えないなー。たとえばビートルズの曲ほとんど全部知ってるけどタイトルわかるのは半分くらい。

結論:Jennyさんは弱っても最高におもしろい!!(でもはやく元気になってちょ)

■5/6付いぬの文化人日記 ごご犬の部屋。(いぬさん。)

だいじょうぶ!

「Fahrenheit 9/11」はぜったいどこかで配給される、って言ってました!
・・・デーブスペクターが(^^;)

じつは今さら騒いでいるのはムーアが戦略としてやってる確信犯!だそうです。
面白い映画だから配給先はなんとでもなるって太鼓判を押してくれました。
・・・デーブスペクターが(^^;)

ところで『"F"指定』ってなんですか。

■5/10付 青姐(ケニョールさん)

リラクゼーションとしてのスタンド観戦ならうってつけです!
>広島ビッグアーチ@森林浴風味 ぜひ!

5/11付
いっそ週末にかけて鹿インフルエンザとか流行らないですかね。>

そういう解決法ですか…((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
気をつけてーーー!増え過ぎた鹿ギャルのみなさん。(たぶんちがいます)

■5/9日記 ぽけ(ちあさん)

うわあああΣ(||゜Д゜)ホントにあったのか!!
熊肉の缶詰め

80gで 840円 (税込) て、たかっ。

「珍しい熊の肉を筍と一緒にみそ味に味づけし、舌ざわりの良い独自の大和煮にしあげました。」

舌ざわり良いんだ…熊。(~_~;)

イルカ肉があって熊肉があるなら、こりゃ鹿肉とか犬肉とか太陽王子肉とかパル肉とか探せばぜったい出てくるな(きません)


ということで次回は『各チーム弁当自由研究』をお送りします。
posted by みんと at 20:48| Comment(10) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月08日

おかずはきゅうり2本だけの『うり二つ弁当』ってのはどうだろ

みなさん。5/9は双子の日ですね。
森崎ツインズが生まれたこの日を記念して広島では1週間も前からたくさんの双子ペアがパレードに繰り出しては人間神経衰弱をしたりして踊り明かします。いまや「広島フラワー(ツインズ)フェスティバル」として全国的にもすっかり有名ですね。
てことで明日の神戸戦@ビッグアーチは双子だらけのよっかーん!(コワイってば)

ところで『空弁』てのがあるんですね、はじめて知りました。(5/6参照)
たしかに惹かれるシチュエーションとネーミングだ。
てか、むっちゃ怒っておられます。(~_~;)
やけにシンプルだけどお値段はそれなりに『空値段』なんでしょうね。
あんなんでもし1000円とかだったら私も怒りますよ。

ちなみに当BBSでの某T氏のタレコミによりますと
浦和さんちでは敵15チームを食い尽くせ!っちゅてこんなお弁当が出るらしい。
うーむ、こしゃくなことを。うらやますぃー!
J1全チームの詳しいメニュー情報がないので広島の名物が何なのか謎。気になる。

土地柄的にはJ2のほうが北から南までいろいろな名物があって楽しそうだなー。
でも川崎とかはぜんぜん思いつかない…

って、イルカかっ!?( ̄□ ̄;) 哺乳類だからたぶん肉だ!てか喰ってるしっ!

(PS.広島ユース西山くん情報ありやとです!どーかよろしくでし)

ちゅうことは広島は熊か!?熊肉なのか!?
どですか神戸サポさん。喰えるもんなら喰ってみやがれでございます。
(なんなら超高級食材の熊の手でも可)

ではこちらも神戸を喰らっておくとしましょう。
マスコットは牛だから牛肉…って普通じゃん。
ここは裏をかいてオサレに風●堂のゴーフルか…御利益も薄っぺら〜そうだけどな。
posted by みんと at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月27日

アジア最終予選:決勝日本vs.中国

ダンシングぺこちゃん、持って帰るのイクナイ。
おいらだってのどから手が出そうなの我慢してるんだよー[=・з・]ぶー

***

平日の午後6:30、しかも遠いビッグアーチ!…なんと過酷な…
いや、締めを満杯の声援で飾らずしてなんとする地元広島県民のはしくれ。
とりあえず仕事とかいろいろは放っぽって行くっきゃないかー?
ってんで、BAにチヶ問い合わせてみるも、ずっと留守電、はたまたコール出ず。
それじゃあってんでファミマ行ってキットマシンで売れ行き調べてみたら、
ありりー。すでに扱ってなかったよぉ。
まさか売り切れのわけないしなー。いや、そんなだったらめちゃ嬉しいのだが…

コンビニ出てしょんぼりとぼとぼ歩いてたらそこの店長の奥様が追い掛けてきて、
「問い合わせたら、さっきまで置いてたけど3時に引き上げたんだそうです」
って、わざわざ知らせてくれた。

ちなみにこの奥様、なんと大のサッカー好きだったらしく。
いつもサッカーのこと問い合わせる私が気になってたもようで、
「おとといの北朝鮮戦、みられましたー?!」
とかキラキラした目で話し掛けてくるのでこっちも嬉しくなって色々話したよ。
なんかサッカーよく見てるとか言うので、調子に乗って
「あ、じゃあサンフレッチェは…?」と、つい禁断のひとことを。
とたんに((((((~_~;) しゅるしゅるしゅる〜と申し訳なさそうに引きまくる奥様…

み「あ、やっぱり代表とかですか…(汗)」
奥「え、ええ、五輪代表とか、好きで良く見てて…てへ」
で・す・よ・ねー。おほほほ。ドンマイドンマイ自分。

いやいやこれ私の知る広島一般人のふつーの反応ですきゃら(当社比)。
スポンサー系の友達Muが会社で大量に余った(涙)サンフ冊子やカレンダーやらを
「これもらっていい?あ、ちがうちがう!私じゃないのよ、好きな子がいるから」
って、サンフ好きと間違えられたらお嫁にいけないクワバラクワバラチックな警戒モードなのも、紫色着て街を歩くと物珍しそうなのも、もう慣れっこなのさ。
なぜだかわかんないけどそういう風土。はははーっだ。
でもそれも森崎ツインズの活躍で払拭される日は近いね。

よーし、サンフサポ=おされ!ってなるようにJ1で優勝するぞーー!
   ●/
  ∠■  
  / >・・・・・。


〜てなわけで、そうか、北朝鮮×韓国の3位決定戦はもう始まってるんじゃん。
動くの遅すぎ〜自分。うへ〜、しかも雨まで降り出した!
こりゃますますヒヨルよ引きこもり広島人。

「すんません!(私抜きでも)頑張ってくらさい澤さん!」念。

てなわけでアッサリと観戦は挫折しますたーやなさんケニョールさん、すまそ。

さっき見たニュースでは会場は大雨だ。選手ずぶぬれ・・・あうあう
映った範囲のスタンドに人は見えず・・・あうあうあう
アナウンサーによると
「遠くから来てくれた少数精鋭『ウルトラス』のみなさんの応援が響いています」
だそうです。応援団の皆様に <(_ _) 礼!

生放送はないが、テレ朝系でダイジェスト放映。0:51〜日本vs中国

放送は今からだから一応結果はリンクのみで。
posted by みんと at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ミーハー・サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。