2005年03月14日

広島(0ー0;)FC東京

  シモ神様へっくちん・・・

発動は攻められまくりの証



白い吹雪に白いユニ、せくしーステルス戦士達の容赦ない攻撃はすべて
我らがタイツの守護神・シモ神様の御手によって弾かれる!
ナオ仮面の中の人よりによって加地な人アラゴルンな人、そして

ヽ(`Д´)ノこれはクリリンの分!  (←それが言いたかっただけらしい) 



***

ひぁぁ〜、お天気同様、ほんのこつ厳しい試合でしたばいねー。
でも内容は熱かったとです。


↓最近の小野ちんはいつもこう見える。
   _, ._
(;・ Д・) 

ぱらぴろみは淡いペパーミントグリーンの襟巻きがオサレ。

 (´_ゝ`)
 Σ≡≡з

スタジアムDJの言葉にニコッと笑って拍手する余裕のスピードすたぁ
ナオ仮面。悔しいけど認めちゃうね。あんた確かにイナセだよ。
「原語録」の影響で、ヤツが笑っているときはすこぶる調子いい、
とインプットされちゃってるので、ウーンこりゃマズイ、対峙するのは
よりによってこんな日に「スリッピー大王」公太さんだよ!
などと一瞬不安になったりしてゴメンナサイ。(~_~;)

いや実際、みんなツルンツルンしまくりでしたが。
それでも最後まで気持ちを切らさずに地獄のようなピッチの上で
勝利を信じて耐えきったDF陣は本当にりっぱだったと思う。
(FW陣も、特に大木さん鬼走りでした。みんな精度もうひといきだ!)

結果はどうあれ、嬉しい発見も。
なんたってジニーニョ様のDF先読みのセンスが天賦の才能だと確信できた!
途中からは、そのポジショニングの仕方に目がクギヅケで彼の姿ばかり追う、
というマニアックなテレビ観戦。


テレビ観戦?


だって雪降ってたんだもん ・・・・なんだとーーーっ オウン喝!!


いや、前日までは100%行く気満々だったですよ防寒&雨具完備で。
朝10時に目覚まし無意識に止めてて目が醒めたのがお昼。
なんか咽が痛いぞこりゃヤバい、いま風邪ひくわけにゃイカン体なのよー。
しかも窓の外は雪でつかっ 風が どうどど どどうど 言うてるで、をい!

と直前まで いこかもどろか、考える人(ノバの昔のCM)みたいに迷ってたら、
同じくヒヨってる観戦仲間から「なんか山※は真っ白だよー」の誘導尋問TELが。
(※ビッグアーチは四季折々が楽しめる風光明媚な お山の上にあります…涙)

その一言が決定打となって自宅観戦を決め込むヘタレな人達・・・
酷寒のスタジアムで応援された皆様、本当にお疲れさまでした。深々。
はるばる遠くから来られた皆様メンボクナイ。
(広島を堪能されたようでなによりでございました…(^-^)/~~)



0.6℃だったそうだす。ひぃぃーーーーぃ。
半凍結でスリッピーなピッチ、寒さで萎縮する筋肉、吹雪に遮られる視界、
眠るな!ねたら死ぬぞーーー!
全員で抱き合ってビバークする選手達。(ウソ)
なんせスパイクもピンの長いのに履き替えてますから、刺さると痛い!!
ちょっとの当たりでもケガしやすい最悪なコンディションだ。

にしたって、この1試合でありとあらゆる痛手を負っちまったね広島。

駒 :  イエロー2枚
     退場時、チームを背負う大人な態度に、かえって萌え…
     リーグ次節グランパス戦出場停止なの?ナビスコは対象外?
     →あとでナビスコが対象試合とわかりホッ。
     逆にヌーノ・ゴメス一誠やヨージロ−を見れるチャンスと思おう…

カズ:  鼻血
     血染めティッシュ鼻栓のまま平気そうにガンガン当たりに行ってたが…
     →なんと鼻骨骨折していたらしい・・・_| ̄|○
     てことはナビスコでは仮面の忍者紫カズが見られるのか?

昇平  :太腿部打撲とかシモ様にボコられたりとか
     ものすごい痛がりようだったので、一瞬凍り付いたが…
     →大事に至らず一安心。
     すでにサンフ守備の要、見た目よりタフなヤツでよかった!

茂原  :右手首捻挫?
     寒さの中、氷で冷やす手がホントにイタイタしかったが…
     →包帯してプレイ続行。
     彼は「サンフでプレイするのが今までのどのチームよりも楽しい、
     このチームに来て良かった」と嬉しいことを言ってくれてます!


そしてそして…

ガウボン:脳震盪
     マジでびびった!!
     視点の定まらぬ見開いたままの目と、空を掻く腕の痙攣(けいれん)
     は、ただごとじゃなかった…
     →検査結果待ち・・・?

ガウボンが心配ガウボンが心配ガウボンが心配!
直後には歩いてたとしても、打ったのが頭だけに・・・
検査は慎重を期すと思うけれど、どうか何でもありませんように。


で、そんなこともあって、かなりなロスタイムがあったはずなのだが・・・



いきなり笛が2回鳴ったとき、え?なになに、何が起こったの?
ってしばらくポッカーンでした。
はぁ?ここで終わり?うっそーぉ。
今からだと思ってたのに〜。(これはFC東京さんも同じだったでしょうね)

なんでなんでーーー高山さーん?

1)寒さでお腹が冷えてトイレの限界だった

2)このままやってもどうせ点入らんやろ、と見切った

3)「凍死寸前だ早く終わらせろ〜」という一部観客の念が通じた

4)川淵さんから「今日は全試合引き分けにせよ」との指令が出ていた

5)広島の「大根役者」ぶりに対抗してヒールを演じてみた


あ。いや、これはぜんぜん気にせんでいいと思いまつよ、
金髪モニー@ケガで調子はイマイチだったけど今日もデカパン。

文脈から切り離されたキーワードだけが一人歩きする悪しき例だよね。
そりゃアテネ世代が大半を占めるチーム同士の対決ですきゃら。
気心知れたやつらの交わす、たあいない冗談でしょーよ。
それが一旦文字に変換されるとこんなふうになっちゃう。
そのほうが記事が面白くなるからねー。
普段の彼等を知ってたら、悪意がないのはわかること。
たぶん口調は笑いながらの愛あるニクマレグチだったと思うよ。
こんなんに釣られて大騒ぎはのんのん。
釣り男さんと一緒にしちゃかわいそうだ。(←釣り男だけは別なのかっ)

かつてのヒデ・ナカータがそうだったように、こんなことに懲りて
マスコミ嫌いにならないで欲しい、ナイーブな若者達よ!

***

てことで、
ご近所フレスタの”サンフが勝ったらお買い得”サ−ビスは無しだ。

えーん、卵が安くなると思ったのに〜がっかり。

↑ホントはそうでもない。企業努力が嬉しいからちょっと演技してみた。
あ、演技だとバレてましたか。
てへっ なんせ「大根役者」ですかりゃ。
(↑やっぱネにもってんじゃん!!)ウソウソW


結論:思ったとおり、今度のユニはカッコイイ!!


予告:次回は「春のサンフ空似アワー」をお送りしまつ。(ほんまか)
posted by みんと at 10:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 日々是サンフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ホーム開幕戦
Excerpt: 今日、12日はサンフレッチェ広島はFC東京を迎えてのホーム開幕選。 私も朝早く家
Weblog: 瀬戸智子の枕草子
Tracked: 2005-03-14 12:48

サンフレッチェ広島−FC東京
Excerpt: あと一歩が・・・という惜しかった試合 ただ寿人がサポーターに「もっと大きい声で歌え」って感じで煽ってたのには胸が熱くなりました で、ゲームの方はジニーニョ・昇平のCBは強固 この2人を獲得できた..
Weblog: 鴎3矢
Tracked: 2005-03-14 16:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。