2004年04月12日

情報錯綜

逆に自衛隊撤退への道は閉ざされたな…

残念ながらそう思った。

モスク攻撃等による世界からの反米気運、スペイン軍の撤退、ブッシュの衰退、戦闘の泥沼・激化(自衛隊派兵が許される根拠は非戦闘地域だからという特殊法の罠)などなど日本の引き際を後押しする材料は揃いつつあったように見えた。
それが今回の事件によって一転、「テロには屈しない」「撤退の理由はない」
と、かたくなに突っぱねるしかなくなった日本。

「人命は地球より重い」
ーテロに屈して犯人の要求を呑んだ結果、日本が世界の笑いモノになり、それ以降世界のテロリストの資金調達のカモにされるきっかけとなった「ダッカ事件」。
同じ轍を踏むわけにはいかない日本は「テロリストに従う図式」はなんとしても避けなければならない逆トラップに陥っているのだ。
犯人グループの情報収集さえも実はアメリカに全面的に頼らざるを得ないのが現状なのだろう。


人質3人が解放されるまではここで書くのは控えようと思ってたのですが…
どうやら事態はますます複雑な様相を呈しておりいまだ何もわかりません。

犯行グループはピンからキリまで多種多様に渡り、すべてがシステマティックに統治されてるとは限らない。宗教的・思想的繋がり以外に、山賊もいれば寄せ集めの武装集団もいて本部からの報奨金めあての跳ねっ返りが功名心から独自の判断でいろんなことをやり初めていると聞く。日本人だけでなく各国の民間人が今も誘拐、拘束されている。

PCで打たれた声明文、CD-ROMによる人質映像、覆面姿の足元のスニーカー。
今回のやり口から見て、自衛隊駐留の正当性をいくら訴えてもまったく意味の無い、違う次元の相手との取り引きになるのではと個人的には思っていた。

政府のノンケアにワラをも掴む思いでアルジャジーラテレビに出演、「その3人は敵にあらず」と訴えた人質家族の効果か、それとも3人自ら犯人グループを説得してのことか、とにかく最悪の事態は回避できそうだ〜と思いきや、再び2転3転…
本部の宗教主導者からストップが出た(ひょっとして極秘裏に金銭交渉が?)ものの、今度は急進派の反対でもあったのだろうか?
すべては想像するしかない現状だ。いったいホントのところはどうなのだろう…。声明の真偽さえわからなくなってきた。

唯一確かなこと。
川口外務大臣のイスラム圏向けのプロパガンダビデオ、アレはいけません。
相当ヤバいです。あきらかに逆効果です。
高圧的な煽り口調は少し前よく見た北●鮮の女性アナウンサーそのものだったから。
いくらなんでも対決姿勢丸出しで、ヘタしたら『アメリカの手先』としてのイスラムへの挑戦状にしか見えないもの。あんなものを日本の意思として各国に配られたら〜〜ぶるぶる。
とか危惧してたら、まるで封印されたかのごとくピッタリと映像は露出しなくなりましたね。
やめてよほんとにもー。
posted by みんと at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 華麗なる日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まずは3人が解放された事を喜びたいと思います。

あとお二方も無事解放されますように。
Posted by futre at 2004年04月15日 21:31
ほんとに「3人」が無事でよかった!
家族の方にはとりあずゆっくり眠ってほしいです。
事件の背景や解放理由など謎な部分も多いですがまずは一安心ですね。
「2人に」関しては行方不明後何の犯行声明も入ってないのが逆に心配ですー。

Posted by みんと at 2004年04月16日 09:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105368

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。